関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

ハワイPart7

  ハワイ5日目(現地時間3月4日)、最終日の夜のイベントは、デイナービュッフェ付の「テ・モアナ・ヌイ~太平洋の物語」ショーです。(98ドル)
 タヒチ語で、広大な海を表す「テ・モアナ・ヌイ」。太平洋の海を巡るポリネシアとオールドハワイの伝説が、歌と踊りを通じて、迫力いっぱいに繰り広げられます。
 5枚ずつ10枚のマウスオンアルバムです。思っていた以上の素晴らしいショーでした。終わってから、ダンサーの人たちとの記念撮影の時間があり、3枚ほど撮ってもらいました。



 楽しかったハワイの旅も終わり、帰路に着きます。
 空港には余裕をもって着くようにとのことでしたので、朝5時半に起床。ホテルを6時半に出発しました。ホノルル空港発9時20分発の飛行機に乗りました。
01703ホノルル空港
 成田空港には予定時間より早い午後1時過ぎ(ハワイ時間午後6時)に到着しました。
 電車では乗り換えが多いので、1時間半ほど待って空港連絡バスで帰ったため、家についたのは6時ころなってしまいました。
 夜10時に寝ましたが、寝る前に目が回りました。体調不良かと心配になってしまいましたが、ハワイ時間では午前3時なので、どうも時差の影響だったようです。時差ボケ解消に、3日くらいかかりました。。

スポンサーサイト

PageTop

ハワイPart6

 ハワイ5日目(現地時間3月4日)、午後、はじめてワイキキの浜辺に行きました。(もちろん、海には入っていません)
 初日、二日と天候がよくなかったので、最終日になって、ワイキキの青い海と青い空が見られてよかったです。
 5枚のマウスオンアルバムです。4枚目、5枚目の写真は、ワイキキビーチ前のカラカウア通りです。


 ワイキキ・パークホテルに泊まると、ハレクラニのオーシャンフロントに位置するレストラン「オーキッズ」でのアフタヌーンティーがついています。
01703ハレクラニ2
 ステージ横の倒木は、装飾のためにおいてあるのかと思ったのですが、ハレクラニホテルのシンボルでもあったキアヴェの木が大雨で地盤が緩み、突然大木が倒れてしまったそうです。  ハレクラニとは、「天国にふさわしい館」という意味。
 マウスオンしてください。2枚のスライドショーです。写真を撮り忘れたので、スライドショーの写真はネット上のものを使っています。

<>

  パンのあとに、上段がスイーツ、下段がサンドイッチがでてきました。日本のホテルで、お一つずつお選びくださいということがあったので、つたない英語で「上から一つ、下から一つ」かと尋ねたのですが、意味が通じませんでした。というより、全部食べていいのに、何をいってるの?みたいな感じでした。

PageTop

ハワイPart5

 ハワイ4日目(現地時間3月3日)、午前中は楽しみにしていた「ホエールウオッチング」 です。 
 定員1500名の大型客船「スター・オブ・ホノルル号」に乗船です。 マウスオンしてください。
<>

  デッキでクルージングを楽しみながら、クジラに会えるのを待ちます。 果たして、クジラに出会えるでしょうか? 2枚のスライドショーです。01703デッキ
 クジラを見るには、オアフ島が見えなくなるまで沖合にいくのかと思ったのですが、ホノルルやダイヤモンドヘッドがみえています。 5枚のマウスオンアルバムです。

  一時間ほどクルージングをして、船は左に旋回し始めました。このまま、クジラを見ずに戻るのかと思っていたら、突然.英語の船内放送でありました。たぶん、「左舷に鯨がみえた」といったのではないかと思います。皆が左側に集まりました。船が傾いてしまうのではとちょっと心配になりました。
 6枚のマウスオンアルバムです。塩を吹いている瞬間も撮影に成功しました。「親子で5頭いた」と帰路に説明がありました。


 潮吹き(しおふき)は、クジラなどの呼吸のこと。
噴気ともいう。英語では ブロー blow または スパウト spout という。 水面近くで息継ぎをするときに、クジラは潮を吹き上げる 。クジラの鼻孔(噴気孔)は頭頂部にあるため、背中から潮を吹き上げるように見える。

PageTop

ハワイPart4

 ハワイ3日目(現地時間3月2日)、オアフ島ぐるっと一周観光の後半です。ドール・プランテーション→パール・ハーバー→モアナルア・ガーデン→ホテル 
 ドール・プランテーションは、美味しいパイナップルのブランドとして有名なドール(Dole)が、ワヒアワ地区で運営するパイナップル農園です。この建物のまわりは、一面のパイナップル畑です。
 お土産を買ってから、パイナップルソフトを食べました。(写真はありません)

01703ドールプランテーション
パールハーバーとアリゾナ記念館
 滞在時間が30分ほどだったので、記念館の見学はありません。
01703パールハーバー
真珠湾攻撃
 日本時間、昭和16年12月8日未明(ハワイ時間12月7日)は、アメリカ合衆国のハワイ準州オアフ島真珠にあったアメリカ海軍の太平洋艦隊と基地に対して、日本海軍が行った航空機および潜航艇による攻撃。太平洋戦争(大東亜戦争)緒戦の南方作戦の一環として計画された作戦で、イギリスの植民地のマレー半島のイギリス軍に対するマレー作戦に次いで開始された作戦。アメリカ太平洋艦隊の戦艦部隊は戦闘能力を一時的に喪失した。 
 これが成功しても、アメリカに勝てるはずもなく、無謀な作戦だと思わなかったのでしょうか。当時の日本軍にそういう冷静さを求めるのは、無理だったのでしょうね。
 筆者は、勝ち負け以前に、もともと戦争自体に反対なのはいうまでもありません。


 モアナルア・ガーデン この木何の木?
 私有の公園で、現在ではデイモンの曾孫が経営するカイマナ・ベンチャー社の所有地。この公園は、のちのカメハメハ5世となるロット王子が暮らしたコテージの所在地として知られている。
 日本では「日立の樹」として有名なモンキーポッドの大木の生育地としても有名。
マウスオンしてください。

<>
 今回乗った車はデラックスリムジン車(通常より高い料金)で、リッチな気分が味わえました。長すぎて、全長が写っていません。
01703リムジン
 このあと、ホテル・ハレクラニで、家族6人で会食をしました。ハワイで一、二番ののホテルということで、すごく高かったです。レストランでは日本語が通じませんでした。

PageTop

ハワイPart3

 ハワイ3日目(現地日時・3月2日)、オアフ島ぐるっと一周観光です。諦めていた天候ですが、予報がはずれ、青空になりました。
 コースは、ホテル→ダイヤモンドヘッド・カハラ地区(車窓)→ハナウマ湾→潮吹き岩→レイメイキングと昼食→サンセット・ビーチ→ノースショア・マーケットプレイス→ドール・プランテーション→パール・ハーバー→モアラルア・ガーデン→ホテル と盛りだくさんです。
 最初の下車場所、ダイヤモンドヘッド入り口のカハラトンネルの手前にある展望所からの眺めです。前方に見えるのは、カハラ地区なのでしょうか?(曇り空の上、逆光で暗く写ってしまっています)

01703カハラ展望所
 ハナウマ湾。ハワイ州オアフ島南東部にある湾で、火山の噴火によってできたもの。
01703ハナウマ湾
  ハナロ潮吹き岩。何千年も昔、火山噴火によって作 られた海中の溶岩洞窟に溜まった海水が水圧で上部の穴から吹き上げられるクジラの潮吹きのような現象。
 写真を撮るタイミングが難しいのですが、ちょうど潮が吹きあがった瞬間を撮影できました。

01703ハナロ潮吹き岩
 ここからは雄大な太平洋が一望出来ます。2枚のスライドショーです。
01703潮吹き岩から
  サンセットビーチ
 ノースショアのハレイワ (Haleʻiwa) は、冬場に巨大な波が打ち寄せることで知られており、世界中からサーファーたちが訪れる。

01703サンセットビーチ

PageTop