関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

南伊豆・田牛のサンドスキー場

 龍宮窟のとなりの海岸にあるサンドスキー場です。(龍宮窟の遊歩道からの撮影です)
01704龍宮窟から見たサンドスキー場の浜
 田牛海岸のサンドスキー場
自然現象で出来た傾斜角度30度、長さ70m、幅100mの砂の坂道、天然のサンドスキー場。

 ここで、何人かの人たちが、サンドスキーをしていました。傾斜30度は、かなりきつそうです。

01704サンドスキー場アップ2
 サンドスキー場の海岸の景色も、綺麗でした。次に来た時も、立ち寄ります。(4月15日) 4枚のマウスオンアルバムです。

スポンサーサイト

PageTop

南伊豆下田・田牛の龍宮窟

 20回以上来ている伊豆なのに、行ったことがなかった「田牛(とうじ)の龍宮窟(りゅうぐうくつ)」に行ってきました。TVの旅番組では、よく紹介されているところで、最近人気になっているスポットです。 
 大型の海食洞の天井が一部崩れて、直径50メートル ほどの天窓が開いたもので、竜宮窟の天窓は伊豆の中では最大級 であり、道路ぞいの入口から洞窟を通って天窓の下に立つことができます。

 狭い道ですが、龍宮窟のまわりに遊歩道があり、ぐるっと一周できます。田牛の海岸やサンドスキー場の海岸が見られます。海も空も青く、絶景です。どうして今まで来なかったのかと思いました。 4枚のマウスオンアルバムです。

 大きな天窓から、「竜宮窟」を覗いてみると、そこには「ハート」の形が。“愛のパワースポット”として、人気です。マウスオンしてください。
<>

 竜宮窟の中に入ってみました。1枚目は入り口の階段、2枚目~4枚目は、龍宮窟の内側です。 4枚のマウスオンアルバムです。

 穴の向うに海が見えています。マウスオンしてください。
<>

PageTop

春の伊豆Part2

 下田に2時半ころに着いてしまい。、ホテルのチェックインには早すぎたので、青野川の桜も、今日見ておくことにしました。(4月14日)
 毎回載せているいつもの風景ですが、散り始めているかと思った桜は、満開も満開、見ごろでした。毎年のことですが、止めている車は5~6台、花見の人は20人もいませんでした。何ともったいないこと。 4枚のマウスオンアルバムです。

 宿泊は、定宿の下田プリンスホテルです。今回は、ホテルからの海と夕食の写真はありません。
 翌日は、ゆっくり朝食をとって、ゆっくり部屋で過ごし、10時半にチェックアウト。田牛の竜宮窟とサンドスキー場に行きましたが、この記事は次回にして、西伊豆松崎町・那賀川の桜を先に載せます。(4月15日)

 こちらの桜は少し見ごろは過ぎていましたが、まだまだ十分に楽しめました。いつもと違うのは、後ろの山が新緑になっています。
 マウスオンしてください。今年は、子牛も生まれています。
<>

 すっかり名物になった案山子。本物に見えます。 4枚のマウスオンアルバムです。


 花畑も綺麗です。花は、るりからくさ、ひめきんぎょそう、ツマシロヒナギク、です。
0170花畑

PageTop

春の伊豆PartⅠ

 例年、この時期の桜は、伊豆で見ることにしいていますが、行こうと思った4月初めには、桜はまだ開花したばかりで延期。
 見ごろの週後半の7~8日は曇りまたは雨予報で、今年はやめにしようかとも思っていたのですが、「桜は散ってしまっても、行こう」ということになり、14日(金)~15日(土)で、伊豆に行ってきました。(伊豆まで、あと何年車で行けるのかな?。2~3年後は電車で行くほうがいいかな?なんて考える年齢になりました。)
 土曜日の天気が曇りの予報でしたが、予報が変わって、2日間とも晴れになりました。
 桜と海を見ながらの東伊豆ドライブでいいと思っていたのですが、いつもは通り過ぎてしまう小田原で、「石垣山一夜城の桜が見頃」との看板があり、ちょっと寄ってみることにしました。
  パティシエの鎧塚俊彦シェフが経営する「一夜城ヨロイヅカ・ファーム」がありました。
 「美味しい菓子作りのために、素材から自分たちで作りたい」と2011年にオープン。豊臣秀吉が小田原制圧のために築いたとされる一夜城跡のすぐそばにあり、相模湾を一望するすばらしいロケーションにあります。
 扱う食材は併設する畑で採れたものや、小田原の農家が作ったものばかり。地産地消を目指した話題のパティスリー。

 5枚のマウスオンアルバムです。 川島なおみさんの書いた手紙の碑がありました。5枚目です。


 石垣山一夜城
 「笠懸山」と呼ばれていましたが、天正18年(1590)豊臣秀吉が小田原北条氏を水陸15万の大群を率いて包囲し、その本陣として総石垣の城を築いたことから「石垣山」と呼ばれるようになりました。
 世に石垣山一夜城または太閤一夜城と呼ばれるのは、秀吉が、山頂の林の中に塀や櫓の骨組みを造り、白壁に見えるよう白紙をはって、一夜のうちに周囲の樹木を伐採して、築城したようにみせかけた。それを見た小田原城中の将兵が驚き士気を失ったためと言われています。
 実際にはのべ4万人が動員され、天正18年4月から6月まで約80日間が費やされました


 伊豆高原の桜は、いつも咲くのが早いので、すっかり散っていると思っていたのですが、満開でした。駐車場がないので、下車せず、車窓からの花見になりました。
01704伊豆高原桜並木
 混雑していないので、いつも立ち寄る穴場。伊豆急行の城ヶ崎海岸駅です。今日は好天で気温が高かったので、大島はみえませんでした。
 マウスオンしてください。 伊豆急のリゾート21が入ってきました。
<>



PageTop

西伊豆からの富士

 4月上旬の伊豆ドライブ、最終回です。

 今回も宿は、下田プリンスホテルです。キャンセル料は宿泊の前日からしかかからないので、天気が悪い場合、日にちを直前に変更できるのがここを選ぶ理由の一つです。今回も2回、日にちを変えましたが、そのおかげで、晴れの日に旅行が出来ました。プリンスホテルに感謝です。
 今回、よく調べなかったため、最安値のプランではないものをネット予約してしまいました(前回より2800円プラスで13500円)。でも、その分、夕食は「雅」ではなく、ワンランク上の「彩」膳でした。(特別に豪華というほどの内容ではありません)
 (4月5日) 5枚のマウスオンアルバムです。


 日の出の時刻に、アラームをセット。前回同様に、水平線近くに雲がかかっていたので、綺麗な日の出を見ることはできませんでした。早起きが苦手な私は、また、ベッドで7時半まで寝ました。 (写真は割愛します)
 いつもより早めの10時前にホテルをチェックアウト。いつも休む下田港の公園には止まらずに、南伊豆の青野川の桜を見た後に、松崎に向かいました。(桜は、紹介済みです)
 西伊豆・雲見海岸からの富士山です。これだけよく見えるのは、久しぶりです。写真より、実際の方が、富士山が大きく見えています。01604雲見1
 ズームで撮影です。 マウスオンしてください。

<>

 松崎手前の室岩洞近くにある萩谷トンネルのところで車を止めました。トンネル横を10mほど登ると富士山がよく見えます。桜もうまく調和しています。(4月6日) マウスオンしてください。
<>

 富士見彫刻ラインからの富士山です。手前に見えるのは、堂ヶ島です。
 ズームで撮影しています。 マウスオンしてください。

<>



PageTop