関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

来間大橋・砂山ビーチ

 長々とひっぱった宮古島の旅、最終回です。

 今日の見学地は2か所。最初に行ったところは、「来間(くりま)大橋」です。ここには小さな展望台があり、橋を一望できます。
マウスオンして、ワンクリック(与那覇前浜の白砂のビーチをズームで撮影)。

<>

来 間 大 橋
全長1,690mの橋。1995年3月13日に開通。車道の下には、宮古島の地下ダムから灌漑用水や電気を送るパイプラインが付設され、来間島の農業を支えています。
橋からは、エメラルドグリーンの海や、宮古島側に広がる与那覇前浜の白砂のビーチを見渡すことができる。この橋は、全日本トライアスロン宮古島大会のバイクコースの一部となっています。


 最後の見学地は「砂山ビーチ」です。
 宮古島の西岸にある白砂の海岸で、海水浴場です。砂に覆われた丘(砂山)の先にある砂浜のため、砂山ビーチと呼ばれています。砂浜は広くはありませんが、背後に迫る砂山と砂浜の左手には天然の岩のアーチが独特の景観です。5枚のマウスオンアルバムです。


岩のアーチ(洞窟)です。マウスオンしてください。
<>
 砂山ビーチのエメラルドグリーンの海。
2704砂山ビーチの海
 観光は、午前中で終わりです。午後2時20分発の飛行機に乗るため、宮古島空港に向かいました。
 直前の天気予報では、雨、曇りでしたが、2日目、3日目とも青空になって、とてもいい旅になりました。

スポンサーサイト

PageTop

ホテルブリーズベイマリーナ

 ホテル出発が11時。それまで自由時間です。時間を持て余した人たちがいたようですが、うちにとっては、大歓迎の行程です。客室でゆっくりしてリゾート気分を味わいました。客室内からの眺めです。(4月14日)
2704ブリーズベイの客室から
 時間がたっぷりあるので、ホテルの庭とビーチ、そして遊歩道を歩きました。ツアーで来たとは思えないゆったりした時間です。リッチな気分を味わいました。6枚のマウスオンアルバムです。

 水がたまっていた岩場に、熱帯魚がいました。この場所にだけ、たくさんいましたが、放し飼いしているのでしょうか。それとも、自然に集まってきているのでしょうか。マウスオンしてください。
<>

 小さな浜もありました。白い砂と青い海の色がとても綺麗です。マウスオンしてください。
 数組の人しか出会いませんでしたが、この遊歩道を歩かないのは、もったいないと思いました。

<>

PageTop

池間大橋・西平安名崎

 2泊3日の宮古島の旅ですが、実際の観光は、1.5日。二日目の今日は、朝から夕方まで目いっぱいの観光です。これから、宮古島の北西にある池間島かかる「池間大橋」(全長1,425m)を渡ります。島の中央部をバスで一周したあと土産物店のある展望所で、池間大橋を眺めました。
 高いところと橋のたもとで「大橋」を撮影。いい写真が撮れました。(4月13日)
 5枚のマウスオンアルバムです。


 「雪塩ミュージアム」(といっても、これが「ミュージアム」?というくらい小さな施設でした。)に立ち寄りました。雪塩の作り方の説明を受け、隣にある雪塩の販売所に案内され、試食三昧。うちは少しですが、みなさん、かなりお土産を買ってました。
 
 最後の見学地、西平安名(へんな)崎です。風力発電が3基ありました。宮古島の観光地は、どこも自然そのまま、全く観光地化されていません。うち好みのところばかりです。

2704風力発電
先ほど渡った池間大橋がよく見えます。マウスオンしてください。
<>


 昼食は、タコライスでした。「蛸がはいってないね」の声が聞こえました。
 調べてみたら、タコスの具である挽肉・チーズ・レタス・トマトを米飯の上に載せた沖縄料理。辛みをつけたサルサ(ソース)を乗せて食べる。とありました。

2704タコライス

PageTop

東平安名崎・島尻マングローブ

 伊良部島から伊良部大橋を渡り、宮古島に戻りました。
 伊良部大橋を渡るとき、観光バスのガイドさんが、「海面をよくみていてください。運が良ければ、ウミガメが見られるかもしれませんよ。」といっていたので、皆、海面を見ていたところ、「あっ、いた。」との声。「どこに、どこに。」「ほら、あそこ。」
 どこにいるかわかった人も多かったようですが、私はどこにいたかわらず、見損ないました。残念。
 海宝館(貝のミュージアム)で昼食をとったあとに向かったのは、宮古島一番の景勝地、東平安名崎(ひがしへんなさき)です。岬にある灯台に行く前に、東平安名崎を一望できる場所に行きました。
 マウスオンして、ワンクリックしてください。ワンクリックした写真は、ネットから拝借した画像です。晴れていれば、こんなに綺麗です。(4月13日)
<>

 東平安崎の灯台です。周辺の遊歩道を歩きました。 5枚のマウスオンアルバムです。
白い花は、テッポウユリ。ハネが青い鳥は、イソヒヨドリです。


 次の観光地は、島尻マングローブです。
 島尻のマングローブ林は奥行き1kmの入江に発達した宮古列島の中でも最大規模の群落を形成している。ヤエヤマヒルギ・オヒルギ・メヒルギ・ヒルギモドキ及び宮古列島を北限とするヒルギダマシの5種類が分布している。川がない宮古島でのマングローブの群生は非常に珍しいらしい。
 マウスオンしてください。
<>

  マングローブにいた、ハゼとシギです。
2704ハゼとシギ


PageTop

通り池・渡口の浜

 通り池
 下地島北部の海岸近くにある大小2つの円形の池ですが、地下部分はつながっています。
マウスオンしてください。二つの池があります。(写真は、そのうちの一つです)

<>

  通り池にある木道を歩きました。朝の雨が信じられない青空になりました。(4月13日)。
2704通り池遊歩道
 下地島の小さな橋を渡り、伊良部島に戻り、渡口の浜に向かいました。
渡口の浜(とぐちのはま)
 宮古島市の伊良部島南西部にある砂浜海岸。緩やかな弓状の砂浜が約800m続く海岸で、きめ細かな白砂の美しさと水の透明度で沖縄県の中でも名高い。砂浜は、西端で入り江(水路)を挟んで下地島と隣接している。


 朝の天気を思うと、青空のもと青い海と白砂の海岸を見られるとは思ってもみませんでした。本当に綺麗な海岸です。 マウスオンしてください。

<>

 1~2枚目、対岸の下地島側の浜。3枚目、川をはさんで右側が伊良部島、左側が「下地島。
4~5枚目、防波堤から見た海。 5枚のマウスオンアルバムです。


PageTop