関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

山珍の豚まんじゅう

 ハワイ旅行、編集中です。

 岡山、山珍(さんちん)の「豚まん」。行列のできる人気店の肉まんです。
 2月はじめの話です。TV東京のWBS(1月28日夜、放送)で、山珍(さんちん)の「豚まん」が紹介されました。TVで放映されたため、ネットでの注文は、通常でも2か月待ちのところが、9か月待ちになってしまいました。(2月11日時点)。
 岡山なので、息子に頼めば買ってもらえるのではと思い、ラインで「送ってもらえないか」と頼んでみました。 お店に買いに行ってくれた(?)ようで、一週間ほどして、五個入りの豚まんを2箱送ってくれました。送料込みで4500円くらいかかります。
 山珍の豚まん、人気の秘密は、
①手作りで、無添加 ②1センチ角のトロトロの角煮
③うずらの卵が一個入り ④甘みと歯ごたえのあるキャベツがたっぷり
⑤皮も包みも手で ⑥6種類の具材と無添加の生地
⑦一次発酵から蒸らす作業、霧吹き、そして点火
⑧冷凍せずにクール宅急便で配送

01702豚まん箱
01702豚まんパンフ
 早速、食べてみました。 豚の旨味が効いた煮汁が卵にも キャベツにも、たっぷりとしみ込んでいて、とてもおいしいです。人気があるだけのことはあります 味もボリュームも満点の豚まんでした。 マウスオンしてください。
<>


スポンサーサイト

PageTop

記念日

 伊豆の旅行記、あと1回ありますが、ちょっと休みます。

 2月の結婚記念日のお祝いは、例年ベーカリーレストランのコース料理でしたが、四国旅行の出費があったため、節約することにして、駅前の大戸屋での定食で済ませました。
 3月の私の誕生日は、ステーキハウス・ブロンコビリーでの食事。ほかのステーキハンバーグレストランより価格が高いですが、食材と品質にはこだわっているようなので、おいしいに違いないと思い、行くことにしました。ただし、夜のメニューだと値段がはるので、ランチタイムにしました。

 サラダーバーのサラダとスープ。盛り付けをもっと綺麗にして撮るのでした。
01603ブロンコビリー1
 炭焼き厚切り ミスジステーキ。ライスは、魚沼産コシヒカリのかまど炊きです。
01603ブロンコビリー2
 サラダバーのデザートとドリンクバーのジュース。
01603ブロンコビリー3

 息子が仕事の関係で上京し、土曜日曜の2日間、家に帰ってきました。「ちょっと、早いけどお母さんの誕生日のお祝いをするよ」といって、夕食をごちそうしてくれることになりました。(3月26日)
 洋食か寿司どちらかということでしたが、この間食べに行ってステーキがおいしかった「ブロンコビリー」にしました。今度は、ランチではなく、夜のメニュだったので、一段と豪華でした。
 選んだメニューは、炭火焼&粗挽き、ビーフ100%のハンバーグの「炭焼きジュージューがんこハンバーグセット(スープ・サラダバー。ライス付)」+ドリンクバーです。

01603がんこ
 今度は、意識して盛り付けをしました。スープがランチタイムとは違っていました。
01603サラダバー
 4月の妻の誕生日も、伊豆の旅行に行ったこともあって、例年より質素にしました。銚子丸の「番屋ちらし」(ランチは、あら汁無料)にしました。(写真は、去年に撮ったものです)
 値段があがったので、このところ、銚子丸には行っていませんでしたが、やはり、ここは美味しいですね。

01604番屋ちらし

PageTop

蓼科・アンビエント蓼科

  蓼科の旅行2泊目の宿は、アンビエント蓼科です。以前は、プリンスホテルに宿泊することが多かったのですが、最近はセラヴィリゾ-ト泉郷の安曇野、伊豆高原のアンビエントのホテルに泊まっています。蓼科のアンビエントも以前から泊まってみたかったのですが、なかなか機会がありませんでした。
 女神湖の湖畔にあり、とても雰囲気のよさそうなホテルだなと思っていましたが、期待していた通りのホテルでした。宿泊料金もリーゾナブルで、夕食もフレンチのコースを選べるのが魅力です。
 5枚のマウスオンアルバムです。(10月26日泊)


 夕食は、フレンチのコース。宿泊料金が7980円と安かったこともあり、品数は一品少なく、メインデッシュはチキン(追加料金で牛に変更もできます)でしたが、料理はおいしかったです。
 庭がライトアップされたテラス席(窓ガラスで囲われて、天井も覆われているので、寒くはありません)での食事は、とてもムードがよく満足のいくものでした。 5枚のマウスオンアルバムです。 パンの写真はありませんが、もちろん、ついていて、お替りもできます。
 来年は10日ほど早めて、白樺の黄葉の時期に来たいと思っています。


 一泊2日を二泊3日に変えたので、3日目はホテルに11時まで滞在。帰りは、蓼科~佐久~下仁田と一般道を走り、吉井にある「こんにゃくパーク」に寄りました。
 平日の2時過ぎにもかかわらず、駐車場はほぼ満杯。近くにある富岡製糸所が世界遺産になったこともあるのか、ここにも大勢の観光客が訪れていてました。もしかしたら、群馬一の観光名所になっているかもしれません。工場見学無料のこんにゃくバイキングを食べ、こんにゃくのお土産も買いました。(写真、撮りませんでした)
(追記・去年の4月に新工場完成を機に、「こんにゃく博物館」を「こんにゃくパーク」(施設は新設)にしたそうです。)

PageTop

琵琶湖の旅・宿

  琵琶湖巡りの旅、一泊目は琵琶湖畔にあるロイヤルオークホテルでした。大津プリンスホテルでなかったので、ガッカリしていたのですが、杞憂でした。とてもいいホテルです。4枚のマウスオンアルバムです。
「タイトル1」「タイトル2」「タイトル3」「タイトル5」

 夕食はフレンチのコース料理、大満足でした。6枚のマウスオンアルバムです。

 2日目の宿は、長浜ロイヤルホテル。ホテルも綺麗で、琵琶湖の眺めもよく(夕日も綺麗でした)、夕食の和席膳もおいしかったです。 6枚のマウスオンアルバムです。

 3日目の昼食、近江牛の鉄板焼き。(追加:関ヶ原・花伊吹の鉄板焼きダイニング天満です)。
 シェフが目の前で、肉、魚、野菜を鉄板の上で焼いてくれます。とてもおいしかったです。 6枚のマウスオンアルバムです。

PageTop

アンビエント安曇野

 蓼科周辺の宿に泊まってもよかったのですが、去年泊まってとても居心地がよかった安曇野にあるホテルまで足を延ばしました。安曇野での観光は特になしですが、大王わさび農場には立ち寄って、私はあまり好きではないですが、有名な「わさびソフト」を食べました。
 宿泊のホテルは、セラヴィリゾート泉郷・アンビエント安曇野です。超高級なホテルというわけではありませんが、手ごろな料金で、リッチな気分が味わえるホテルです。でも、今回はグリーンシーズンということもあって、一人一泊2食・14000円とツインの部屋が満室だったため16000円の部屋になりました。(7月28日)
マウスオンしてください。去年と同じ部屋かも。

<>

 楽しみにしていた夕食。レストラン ル・プラトーで安曇野旬彩フレンチ ラ・メゾンのコース料理です。①信州ハーブ鶏とフォアグラのテリーヌ ボルチーニの香り 林檎のスープを添えて
②初夏を飾る鮮魚の盛り合わせ
③安曇野産 玉葱のスープ
④蝉時雨降る穂高の森 本日のお魚料理
⑤お口直しのグラニテ マロウと檸檬が出会ったら
⑥牛リブロースのミニッツステーキ
⑦オレンジのスープ仕立て ショコラのムースとマスカルボーネのグラスと共に
⑧ユメアサヒ小麦の自家製パン(クルミ・ハードロール) 写真はありません
⑨コーヒーまたは紅茶
レストラン/ル・プラトーの安曇野旬彩フレンチ
http://blog-imgs-64.fc2.com/m/i/s/miskw60/201408112237526ba.jpg

 去年来たとき、テラス席での朝食がとて良かったので、今年もテラス席に座りました。朝のさわやかな風が心地いいです。
マウスオンして、ワンクリックしてください。
 ホテルの客室棟です。2枚のスライドショーは、大滝山と蝶ヶ岳(いずれも2600m級)が見えます。あの山の後ろが上高地です。

<>



PageTop