関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

水上へ家族旅行(続き)

 琵琶湖ぐるっと3日間の旅行に行っているので、予約投稿しています。

 宿泊した水上高原ホテル200です(以前撮った写真を使っています)。
群馬プレミアム宿泊券、露天風呂新設、営業努力などもあってか、満室ではないかと思うほど宿泊客が多かったです。
 今回 「いい宿阪急」のサイトで予約しましたが、一泊13500円のことろ、スペシャルデーで、この日だけ、8300円の超格安料金でした。旅行費用は我が家で全額払うので、とても助かりました。この料金で泊まれれば、夏は定宿にしてもいいかなと思いました。
 マウスオンしてください。ホテル客室からの眺めですが、天候がよくないので、遠くの山々に雲がかかっていて、眺望はよくありません。
 早く着いたので、下に見えている芝生に行き、バトミントンとフリスビーをして遊びました。私にとっては、久しぶりの運動でした。

<>

 ホテルにはチェックアウトの時間ぎりぎりの11時まで滞在し、ゆっくり過ごしました。
 旅行二日目、娘夫婦が、「カラーサンドキャンドル」を作りたいというので、月夜野ビードロパークに寄りました。(9月6日)
 完成した「カラーサンドキャンドル」、出来上がるまでに1時間以上かかりました。費用は材料費と作成費で、5000円弱。
 今の世代は、楽しいと思うものにお金をかけることに抵抗がないのですね。宿泊代とを比較してしまう私には、もったいなくて到底やれません。とはいっても、お金を払ってあげたのはうちですが。

2708カラーサンドキャンドル
 雨が強くなってきましたが、沼田ICで降り、原田農園で、ぶどう狩りをしました。
料金一割引きとコーヒーとクーヘン付のサービス券を利用、農園で試食をしたあと、一房のみの狩りとりです。マウスオンしてください。

<>

 9月に入っても雨が続き、天候が危ぶまれましたが、土曜日は曇り時々晴れ、日曜日は曇りから午後は雨になりましたが、天候不順の中、まあまあの天候で、とてもいい家族旅行になりました。
 また、今回、ちょいのり保険をかけて、2日間とも、娘の婿さんに半分くらい運転をしてもらいました。若いにもかかわらず、運転はうまく、安心して後ろに乗っていました。

スポンサーサイト

PageTop

水上へ家族旅行

 例年、夏は2度ほど涼しい高原に避暑に出かけていますが、天気がよくなかったこともあり、8月のはじめに志賀高原に行って以来、遠出はしませんでした。その代わりではないですが、娘夫婦と4人で、水上に家族旅行をしました。(9月5日~6日) 
 最初に立ち寄った諏訪峡です(以前の写真を使用しています)。ここはでは、ラフティングが人気のようです。

2708諏訪峡
 「ボーッ」という汽笛の音が聞こえてきました。運よく、SLが通りました。思っていたより汽車の速度が速く、シャッターを切るのが少し遅くなり、肝心の機関車が少し欠けてしまいました。
2708SL
 翌日は午後から雨予報なので、3か所一気に観光です。最初に行ったのが、奥利根湖(矢木沢ダム)。展望台から、ダムを眺めます。雨続きで、ダムサイトには大量の流木がありました。(写真を撮り忘れました)
2708矢木沢ダムにて
 奈良俣ダムです。雲り空で眺めは今一つです。道中の高速道路は混んでいましたが、ここの駐車場には4台の車しかありませんでした。静かです。
2708ならまたダム
 関東の奥入瀬といわれる「照葉峡」。渓谷の長さは11キロ。紅葉時の渓流美は見事です。写真は、「鼓み滝」。水量が豊富でした。
2708照葉峡
 ホテルでゆっくりしようということで、当初の予定通り、4時にチェックインしました。

PageTop

榛名湖畔の紅葉

 旅行に行っているため、予約投稿しています。

 伊香保を後にして、榛名湖に向かいます。伊香保榛名道路の途中にある長峰公園の展望台です。正面には赤城山が、右手には伊香保の温泉街が一望できます。マウスオンしてください。
  ワンクリックすると、さらに高いところにある「高根展望台」です。山の上に雲がかかっていますが、日光連山や谷川岳が望めます。

<>

 湖畔から見た榛名山と榛名湖。山の上のほうはすでに落葉しています。
榛名湖の紅葉
 車で湖畔の道をゆっくり走り、一周しました。榛名湖畔の紅葉、見ごろでした。
5枚のマウスオンアルバムです。


 今回の日帰りドライブの走行距離は248.9Kで、燃費はL当り20.5Kでした。

PageTop

伊香保・石段街

 12月1日から4日まで、平戸・生月島・九十九島・天草・阿蘇・熊本の旅に出かけます。(天気、また悪いです。どうも天候に恵まれません。)

  11月2日、伊香保・榛名に紅葉ドライブに行ってきました。今年は12月に3泊4日の旅行を予定しているので、今回は日帰りです。
 榛名は夏には何回となく行っているのですが、紅葉時に行くのは初めてです。伊香保もいつも車で通り過ぎるだけでしたが、今回は「石段街」を訪ねます。旅番組で何回も紹介されているところですが、はじめて365ある石段を上ります。
 途中にある岸権旅館の足湯にも入りました。5枚のマウスオンアルバムです。

①伊香保石段街 ②石段を上ります ③ホテル岸権の足湯
④石段を下ります ⑤伊香保石段入り口からの眺め

 昔の伊香保温泉の様子です。多くの旅館が立ち並び、当時の隆盛が見てとれます。
伊香保温泉図
  石段を上りきったところにあるのが伊香保神社。伊香保温泉を守護する神社で、温泉・医療の神を祭ってある。
マウスオンしてください。

<>

 神社でお参りをしたあと、伊香保温泉の紅葉スポット河鹿橋に向かいます。
 河鹿橋は源泉近くにある朱塗りの太鼓橋で、付近はモミジ、かえで、くぬぎ、うるし等が一斉に色づき、素晴らしい紅葉が見られます。はじめからわかってはいたことですが、11月2日はちょっと時期が早かったようです。
 5枚のマウスオンアルバムです。



PageTop

浅間牧場

 一か月前の記事で、恐縮です。
 軽井沢は、学生のときはバイトで、会社に入ってからはテニスで、そのあとは家族で、最近は夫婦で、と何回(たぶん、20回は超えている)も訪れています。ここ浅間牧場も何回か訪れていますが、最近は前の国道を走ってはいるのですが、通過してしてしまい、立ち寄るのは久しぶりです。
 訪れたのは9月7日で、夏も終わり、平日だったこともあって観光客は、まばらでした。昔は駐車場が一杯で空き待ちをしたことや入り口にうさぎがいて子供たちが夢中になって草をあげていたことなどを思い出しました。駐車も有料だったのですが、無料になっていました。(夏の繁忙期も無料になったのかどうかは不明です。)


 この日は天気も良く、空気が澄んでいたので、展望台からの眺めは最高でした。浅間山が手に取るように見え、遠くの四阿山、万座山もはっきりと見えています。
 
 ここは北軽井沢の別荘地帯で、昔は別荘の屋根が点々と見えたものですが、今は木々が大きくなって、別荘の存在すら確認できなくなっていました。木々が大きくなったこと感心するよりも、つくづく自分が歳をとったことを実感してしまいました。 5枚のマウスオンアルバムです。


 浅間山をこんなにハッキリと見たのは、数年ぶりです。
マウスオンしてください。ススキが高原の初秋を。

<>

 余談ですが、中軽井沢千ヶ滝には、軽井沢スケートセンターがありましたが、53年の歴史に幕を閉じ、スケートセンターホテルも同時に閉鎖となりました。ちょっと立ち寄ってみましたが、ホテルは当時の面影はなく、廃墟になっていました。(写真を撮っておくのでした。後悔。)
 20代~40代には、高級感が漂う軽井沢の地に来るだけで気持ちがはずんだものですが、そういう場所が寂れてしまったことは、思い出がいっぱある私にとっては、とても残念で、これも時代だと簡単に割り切ることができませんでした。


浅間ハイランドパークからの浅間山。編集でワイドにしてみました。
ハイランドパーク

PageTop