関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

白樺高原夕陽の丘・霧ヶ峰富士見台

 いつもより少し早めの10時にホテルをチェックアウトしました。去年も行ったのですが、ビーナスライン~白樺高原夕陽の丘~白樺湖展望台~ビーナスライン~霧ヶ峰富士見台と同じコースにしました。
 午前の夕陽の丘からの眺め。大パノラマです。御嶽山、穂高連峰、北アルプスの槍ヶ岳、白馬岳、妙高山と全部見えています。 マウスオンしてください。御嶽山です。

<>
 マウスオンしてください。槍ヶ岳です。
<>
 マウスオンしてください。2枚のスライドショーです。白馬と妙高です。
<>

 霧ヶ峰富士見台からも八ヶ岳、富士山、南アルプス、中央アルプス、北アルプスが見えました。絶景ですね。 4枚のマウスオンアルバムです。

スポンサーサイト

PageTop

ホテルアンビエント蓼科

 数年前までは、個人旅行は草津白根志賀方面が多く、宿もプリンスホテルがメインでしたが、最近蓼科が多く、ホテルアンビエント蓼科(ここは、立科町です)が定宿になりつつあります。お気に入りの宿になりました。
 ホテル棟から地下の通路でつながっているアネックス棟の和洋室(540円加算)の部屋に泊まりました(料金は1泊8320円でした)。広くてとても居心地がいいです。

 4Fだったので、部屋からの眺めもいいです。 5枚のマウスオンアルバムです。
 ロビーで日替わりの夜のミニコンサート。この日は、フルートの演奏でした。 マウスオンしてください。
<>
 ロビーから、レストラン・ルプラトー、その先に女神湖、そして、教会とアネックス棟が見えます。やはり、うちは高原リゾート派です。
01710ロビーから
 夕食は今回もバイキングは選ばず、レストラン・ル・プラトーでフレンチ。前と内容が同じかと思い、写真は撮りませんでしたが、季節によって若干内容がかわるそうで、お皿も新しくなっていました。次回もフレンチがいいです。

PageTop

軽井沢・雲場池

 5月に続いて、息子の勤務先の岡山に行こうと計画をたてました。3回目なので、あまり行く観光地はないのですが、来春に息子が転勤すると行く機会がなくなることや、息子夫婦とお盆以来あっていないということもあって、10月21日(土)~23日(月)までの3日間を申し込みしました。
 一日目は牛窓オリーブ園。2日目は瀬戸大橋、記念公園、丸亀うどん、丸亀城、讃岐五色台。3日目は直島。というスケジュールをたてていたのですが、3日間とも天気が雨予報だったので、行くところがなく、どうしようか困っていました。
 さらに悪いことに、台風21号が接近、しかも帰る日に東海関東地方に台風上陸の恐れがあるとの予報で、さんざん迷った末に、キャンセル料30%を払って、旅行を中止しました。
 このあと息子と連絡をとり、1ケ月後なら大丈夫ということになったので、11月25日(土)~27日(月)の予約を取りました。今度は天気がよくなってほしいです。
 
 そのかわりといってはなんですが、9月に続き、10月31日~11月1日に、蓼科の紅葉を見に行ってきました。前回行ったとき、リピーター優待(割引)券をもらったので、無駄にするのは、もったいないというで、同じところになりました。
 今回も関越道、上信越道経由で、軽井沢を通って蓼科に行きました。ここ何年も行っていっていない「雲場池」(軽井沢の六本辻近くにある池)に行きました。
 紅葉シーズンということもあり、観光客とカメラマンが多いのに驚きました。

01710雲場観光客
 紅葉がこれほど綺麗な時期に来るのは初めてです。池のまわりの遊歩道を一周しました。6枚のマウスオンアルバムです。

  旧軽井沢の旧三笠ホテル
 ホテル開業は明治39年。客室は30室、定員は40名。日本人の設計による純西洋風建築で、また文化人財界人が多く宿泊したことから、「軽井沢の鹿鳴館」とも呼ばれた。一時営業を休止するが、昭和45年まで営業を続け、現在、国の重要文化財に指定されている。
 昔、見学したことがあるので、今回は入館はしませんでした。

01710旧三笠ホテル
 このあと、星野リゾート、ハルニレテラスにちょっと立ち寄り、紅葉を楽しみました。
01710ハルニレテラス
 ホテルアンビエント蓼科には、予定とおり早めの到着、3時半でした。

PageTop

御射鹿池

 旅行3日目、デラックス和洋室に泊まることができたこともあって、朝食のあと部屋でゆっくりすごし、チェックアウトは10時半すぎになりました。この日の観光は一か所のみ、前から行ってみたかった奥蓼科にある「御射鹿池」。
 ナビで検索しても名前が出てこないうえ、道路の案内標識もなかったので、道も狭くあっているのか不安でしたが、なんとか御射鹿池に辿りつくことができました。事前に調べた情報では、駐車するスペースもあまりないということでしたが、池の前のところの道路が広がっていて、駐車場も整備されていました。おそらく、完成したばかりだと思います。
 ネットに素晴らしい画像がアップされていたので、期待しすぎたのがいけなかったです。ただの池にしか見えませんでした。(9月11日) 4枚のマウスオンアルバムです。


 御射鹿池
 日本画の東山魁夷の作品「緑響く」のモチーフとして有名な池である。ため池百選に選定された。横谷渓谷は奥蓼科温泉郷に代表される、酸性の冷鉱泉の影響と昭和8年に、ため池として御射鹿池(1,100mの高地にある)が完成した。流れ込む冷たい水を留め、温めることによって農業用水として使用できるようになった。酸性が強いため魚などは生息できない。

 こちらがネットにアップされていた画像です。
01709御射鹿池スライド
 しばらくして見ていると、池面に変化がありました。池のまわりの木々が、鮮明に水面に写っています。見事、撮影に成功しました。この風景であれば、納得です。01709御射鹿池5

PageTop

蓼科高原ドライブ

 旅行二日目、佐久から出発して、蓼科に泊まるので、行程はゆったりです。ホテルを10時少し前に出て、定番のコースを走りました。(9月10日)
 長門牧場(今回は写真はありません)~白樺湖展望台~伊那丸富士見台~車山肩~霧ヶ峰~白樺湖~女神湖。(写真の順序は違います。一枚目が女神湖です。)
 6枚のマウスオンアルバムです。


 ホテルは女神湖畔のホテルアンビエント蓼科です。何回も来ているところなので、ホテルに15時にチェックインしました。夕食まで部屋で過ごし、リゾート気分を味わいました。
 ここに泊まるのは2回目ですが、シーズンをはずすと料金も安く、ホテルの雰囲気もいいので、定宿になりそうです。
 ちなみに、シーズンや休前日には1泊15000円以上するのが、この時期は8980円です。しかも、ホテルの手違いにより予約日が1日間違っていて、普通の部屋が空いていなかったため、ランクが上のデラックス和洋室が用意されました。もちろん、料金はそのままです。ラッキーでした。
 夕食はイタリアンのコース。4枚のマウスオンアルバムです。

PageTop