関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

房総日帰りドライブ

 日帰りドライブで4回も記事をもたせてしまいました。今回は、さしあたり「おまけ編」です。
 房総フラワーラインの帰り道、ちょっと車を止めて撮った「夕暮れの野島埼灯台」です。マウスオンしてください。急いで撮ったもので、それほどいい写真にはなっていません。

<>

 大島も、夕日に映えています。
大島
 行きに立ち寄った「道の駅とみうら・枇杷倶楽部」
 2000年3月2日に東京国際フォーラムで開催された、初めての全国道の駅コンクール「道の駅グランブリ2000」で最優秀賞を受賞。全国に551駅(2000年2月末現在)ある道の駅のうち、登録後1年以上経過した463駅の中から選ばれた。
 地元の農産物やグルメの店などがあり、とても洒落ていましたが、駐車場が満杯で止めるのに苦労するほど人気がある理由が、短い時間ではわかりませんでした。南房総には道の駅がたくさんあり、PRもしているので、おそらく、道の駅自体が観光地になっているのでしょうね。

道の駅
 アクアラインの「海ほたる」です。東京湾の眺めです。
皆さん、この写真をよく見てください。何?何?、海の青さ?、そうではありません。
 東京上空の色のことです。あれは雲ではなく、灰色に汚れた空気ですよね。都会では、あの薄汚れた空気を毎日吸っていると思うと、ゾッとしました。

海ほたる

フィットの燃費、今回358k走って、L当り20.8k/Lでした。前回よりも好燃費でした。

スポンサーサイト

PageTop

白間津の花畑と千倉海岸

 南房総といえば、この時期は、「花摘み」です。千倉町白間津の花畑を訪ねました。TVの旅番組で何回も見ていますが、訪れるのは初めてです。
 もちろん、花摘みをしました。摘んだ花は、花持ちする「ストック」です。料金は7本で300円と安いです。(帰って、花瓶にさしましたが、3週間も持ちました。)
 5枚のマウスオンアルバムです。(23年1月22日)

 遠くに見える建物は、道の駅潮風王国です。
 マウスオン、公園に展示してある第一千倉丸です。
 ワンクリック、甲板にあがると、ちょっと船に乗った気分が味わえます。

<>

 潮風王国の前の海岸です。整備されているので、ちょっとした磯遊びが楽しめそうです。
千倉海岸

PageTop

根本海岸西・屏風岩

 鋸山をあとにして、2週間前に行った南房総に向かいました。この前は通り過ぎてしまったところで、若山牧水が「白鳥は悲しからずや空のあお海のあをにも染まずただよふ」と短歌を詠んだ海岸の西端に、奇岩が多く屏風のように海中に立つ「 屏風岩」があります。
 車を白浜フラワーパークの駐車場に止め、浜を歩きました。風光明媚な海岸なのに、観光客がほとんどといっていいくらいいないのには驚きました。5枚のマウスオンアルバムです。
 途中立ち寄った道の駅(2箇所)が混雑し、駐車場になかなか入れなかったのと対象的です。(23年1月22日)


 屏風岩付近の風景です。駐車場も整備されておらず、案内図などもなく、どれが「屏風岩」かわかりません。
 自分達だけで楽しむのは、もったいないくらいの自然の造形美です。整備して、もっとPRしたら、訪れる人が増えるのではないかと思いました。
 5枚のマウスオンアルバムです。


 ここがいいところだと知っているのは、「サギ」だけだなんて。
サギ

PageTop

鋸山(ロープウエー)

 1月8日に行ったばかりなのに、2週間後の22日に、また房総ドライブに行ってしまいました。「また、房総ですか。」なんて言わないで下さいね。その時にもらってきた南房総のパンフレットを見たら、まだまだ見所がたくさんあるということがわかったからです。
 最初に訪れた場所は、鋸山です。房総の観光といえば、誰もが知っていて、必ずといっていいほど訪れる有名なところです。
 山頂までは、鋸山ロープウエー(山麓駅から山頂近くの海抜329mmの山頂駅を結ぶ全長680mのロープウェー)を利用しました。
 昭和37年12月竣工と書いてありました。古いロープウエーだったので、ゴンドラなどは当時のままなのかもしれません。

ロープウエー乗り場
 ロープウエーからの眺めは、最高でした。
鋸山ロープウエー
 5枚のマウスオンアルバムです。
1枚目は、鋸南町金谷、東京湾、三浦半島。2枚目は館山方面。
3枚目は、東京湾フェリー(久里浜から金谷まで約35分を結ぶ)。
4枚目は、霞んでしまっていますが、「富士山」です。
(いずれも山頂からの風景です)
5枚目は、富津館山道です。


 鋸 山
 房総半島の南部、千葉県安房郡鋸南町と富津市の境に位置する山。標高は329.4m。 山は凝灰岩から成り、建築などの資材として適している。古くは房州石と呼ばれ、良質石材の産地として、江戸時代から盛んに採石が行われた(石切場跡は現在も残存する)。露出した山肌の岩が鋸の歯状に見えることからこの名で呼ばれるようになった。

PageTop

洲崎灯台とアクアライン海ほたる

 日帰りドライブなので、ここで帰路に。眺めのいい房総フラワーラインを通り、途中、洲崎灯台に立ち寄りました。
 洲崎灯台(すのさきとうだい)は、房総半島南部で最も西の場所にある灯台(大正8年に点灯)で、館山市洲崎にあります。また、三浦半島最南端の東端にある剱埼灯台と共に、東京湾へ出入りする船舶の目印となっています。
 マウスオンしてください。4枚のスライドショーです。
。館山湾、三浦半島が見えます。うっすらですが、伊豆半島も見えています。そして、ズームで撮った富士山です。

<>

 アクアライン「海ほたる」についた時には、日が暮れかけていました。(23年1月8日)
 夕日を背にした「富士山」が、よく見えました。マウスオンしてください。そして、ワンクリック、こちらは、「東京タワー」(ブレています)です。

<>


今回のフィットの燃費、398粁走って、Lあたり20.2kでした。

PageTop