関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

石神井公園・石神井池

 梅雨の合間の曇り空の6月16日(火)、西武池袋線・石神井公園駅から南に5分ほどのところにある「石神井公園」に行きました。
 西武沿線に40年ほど住んでいて、仕事でも、ここのそばを何回も通っているのに、公園内を歩くのは、はじめてです。ここがこんなに緑が多く、自然が残っているところだとは思っていませんでした。

石神井公園(しゃくじいこうえん)・石神井池
 石神井池(ボート池)は三宝寺池一帯が風致地区に指定された際、三宝寺池とともに武蔵野の景観を保護する目的で人工的に作られた。もともと三宝寺池から周辺の田んぼに水を引いていた水路だったが、人工的にせき止めて池とした。
 周遊できるが、南側は木立が多く、北側は遊歩道が整備されている。園内の施設としては、野球場、野外ステージ、ボート場、売店などがある。

 石神井公園を舞台とした作品も多く、Mr.Childrenの桜井和寿はここをジョギングしている時にダブルミリオンを記録した曲『Tomorrow never knows』の歌詞を思いついた、というエピソードがある。
 さらに、漫画「島耕作」の作中にも、ボートに乗るなど数多く石神井公園でのシーンが登場しているという。(マウスオンアルバムです)


シギの幼鳥のように見えましたが、どなたか名前を教えてください(その後、ヨシゴイの幼鳥ということがわかりました)。
 カメが、すごい近い距離にいます。縄張りを主張しているのでしょうか。このあと、ヨシゴイがカメをつっついて、追い出してしまいました。マウスオンしてください。

<>

 こちらは、カイツブリです。ヨシや水草の葉や茎などで作った「浮き巣」で、卵を抱いています。しばらく観察しました。
 雨で、巣が水没しないか心配です。鯉などが下から巣をつっついて、傾いてしまうこともあるようです。

1906カイツブリ2
 こちらでも、卵を温めています。木のくいの上巣なので安心ですが、目立つので、カラスなどに狙われないかが心配です。
1906カイツブリ1

スポンサーサイト

PageTop