関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

有病息災

 前回の記事、宇徳さんに興味を示さなかったみたいで残念です。私なんかは、いくつになっても、綺麗な人にはあこがれます。ユーチューブで歌っている宇徳さんをみているだけでも、気が若くなってウキウキしてしまいます。

 菖蒲は、近くの東村山市の北山公園、青梅市の吹上げ菖蒲園をブログに3回ほどのせています。同じところにいってもいいのですが、ブログをやっているとついつい違う場所にいかなければと思ってしまいます。 
 今年は、ときがわ町(うちから1時間20分くらいかかる)にある菖蒲園に行くつもりでしたが、予定した日が天気が悪かったりして、結局行きそびれてしまいました。以前より無理をして出かけなくなったのは、歳とともに出不精になってきたのではないかとも思いはじめています。(結局、近場の智光山公園の菖蒲を見に行ってきました。)
 
 話は変わりますが、昔から「無病息災」という言葉がありますが、私の場合は「有病息災」という言葉があてはまりそうです。
 1年で通った病院は、①内科(定期的に通院))②脳神経外科③整形外科④泌尿器科(定期的に通院)⑤皮膚科⑥眼科⑦神経内科といろいろな病気で、7箇所の医者にかかってしまいました(医療費控除の確定申告が面倒です)。幸いにして、いずれも大病ではないため、日常生活はほとんどといっていいくらい支障はなく、囲碁に、ブログに、と元気に過ごしています。
 ここ数年、夫婦で年間11~12万円の医療費がかかっていますが、この分を他に使えれば、かなり楽しめるのですが、健康を維持するための必要経費と割り切るしかないと思っています。ただ、実際の医療費は40万円近くかかっているので、国民健康保険料(介護保険は除く)より15万円ほどオーバーしています。国保が赤字になっているので、医療費を増やさないようにしなければいけないなとは感じています。
 
 なんとも、暗い話になってしまいました。写真が全くないのも寂しいので、20年6月13日に撮影した「東村山市の北山公園の菖蒲」を何枚か掲せることにしました。
 マウスオンすると、2枚のスライドショーになります。

<>

<

スポンサーサイト

PageTop