関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

カルガモ観察記2

26~28日の3日間、旅行に行っているため、25日に書いて予約投稿しています。
 
 7月の初め、2組とばかり思っていたカモですが、3組いることに気が付きました。しかも、かなり大きくなっているヒナ6羽です。
 マウスオンしてください。デカチビ」と名付けました。

<>

  この間5羽いたヒナが、4羽に減ってしまいました。そして、数日後に3羽になっていました。これだけの大きさになっても、育たないヒナがいるのですね。
 こちらは、「中(ちゅう)チビ」と名付けました。

チュウ1
 こちらは8羽いたのですが、4羽に減ってしまいました。他の親がヒナを殺すというのもあるそうです。(母ガモが自分の子を殺すこともあります。ユーチューブでその画像が載っていました。)
マウスオンしてください。チビチビ」と名付けました。

<>

  大雨が降った後、デカチビ6羽の姿しか確認できない日がありましたが、翌日に、中チビ、チビチビの無事を確認し、ホッとしました。
 草を刈ったので、よく見えるようになりましたが、水路の渕に生えていた草を食べていたので、食べ物がなくならないか心配です。


  7月17日に4組目のヒナ誕生、7羽です。
超チビ」と名付けましたが、無事に育って欲しいですが、微妙ですね。例年、この時期に生まれたヒナは全滅しています。
3日後、6羽になっていました(7月19日撮影、一羽は画面の外にいます。)。
マウスオンしてください。

<>

 デカチビは6羽、中チビは3羽、チビチビは4羽、超チビ6羽は、暑さにも耐え、こんなに大きくなりました。2か月ほどで飛べるようになるので、デカチビは8月はじめには、親から離れます。そこまでは見届けたいです。(7月22日撮影)

スポンサーサイト

PageTop