関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

草津・西の河原公園と湯畑

 ホテル(タングラム斑尾)を10時に出発、帰りは直行ではなく、高速を信州中野で降り、志賀白根草津のルートをドライブしました。天候が悪く、標高が高くなる途中からは、霧がかかり十数メートル先は全く見えませんでした。(8月2日)
 そんなわけで白根山は通過、ロープウエーの乗車口「殺生河原」で小休止しました。
 マウスオンしてください。2枚のスライドショーです。
 このあたりは、しゃくなげ街道といわれているところ、沿道は、シャクナゲ(訂正・ノリウツギ)が満開でした。トンボものんびり、数分指に止まっていました。

<>

 ここ数年、通るだけになっている草津に立ち寄り、西の河原公園と湯畑を散策しました。
 西(さい)の河原公園
 湯畑から湯滝通りを進むこと、歩いて10分ほどのところにあり、温泉が湧き出し川となって流れ出している。大きな露天風呂もあります。(昔、入ったことがあります)
 マウスオンしてから、ワンクリックしてください。「高温につき立ち入り禁止」の看板があります。

<>

 草津・湯畑
 温泉の源泉を地表や木製の樋に掛け流し、温泉の成分である 湯の花の採取や湯温を調節する施設。
 日本三名泉の1つである草津温泉は、自然湧出量は日本一を誇る。毎分32,300リットル 以上、1日にドラム缶約23万本分もの温泉が湧き出している。旅館や温泉施設で「源泉かけ流し」ができるところも多い。
 5枚のマウスオンアルバムです。


 5枚目の写真は、TV東京のポチタマ(松本君とまさはる君)で紹介された湯畑通りにある土産店の看板猫。

スポンサーサイト

PageTop