関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

安曇野散策

 安曇野には道祖神が130以上もあるようです。そのうちのいくつかを訪ねてみました。(25年9月4日)
 道祖神(どうそしん)とは、路傍の神である。集落の境や村の中心、村内と村外の境界や道の辻、三叉路などに主に石碑や石像の形態で祀られる神。
 「大庄屋山口家の隣にある道祖神(おひさまのロケ地だそうです)」「水色の時」(NHKが放映していた朝の連続小説で「水色の時」に登場した道祖神)、「早春賦の碑」(これは、道祖神ではないようです)の3枚のスライドショーです。

道祖神25

 安曇野は気候のいい5月の時期に自転車で巡るのがいいようですね。車で回るような観光地ではないように思いました。
 この風景が安曇野なんでしょうね。 マウスオンしてください。

<>

 安曇野の観光マップを事前にもらっていたのですが、結局、大王わさび農場にいくことになりました。(ほかに行きたいところがなかったのです)。
 過去2回は、お土産のわさびを買って、わさびソフトを食べ、わさび田をちょっと見ただけでしたが、今回は時間があまっていたこともあり、ゆっくりと園内を一周し、散策しました。園内に「開運洞」というのがあったのですね。(9月3日)
 6枚のマウスオンアルバムです。4枚目の写真は、2857mの常念岳です。


スポンサーサイト

PageTop