関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

黒部ダム

 旅行一日目の宿泊地は、白馬栂池のホテル「フロントステージ」。旅行費用が格安だっため、期待していなかったのですが、予想していたより部屋も食事もよく、合格点でした(以前泊まったことがある「マリオンシナノ」の前にありました)。
 今日のコースは、黒部立山アルペンルートです。7時半に出発し、ルートの起点にあたる「扇沢」に向かいました。(9月8日)
 関電トンネルトロリーバスの乗車地「扇沢」です。 マウスオンしてください。2枚のスライドショーです。トンネルを走るトロリーバスです。黒部ダムまで、16分ほどの乗車です。

<>

 黒部ダムの展望台
 「新展望台のほうが歩くのが楽ですよ」と案内があったにもかかわらず、ほとんどの人が、旧展望台のほうに歩いていたあので、それについて行ってしまいました。登りの階段が220段もありもあり、とてもきつかったです。でも、大変な思いをして上った分、眺望は抜群でした。

 マウスオンしてから、ワンクリックしてください。6月下旬〜10月中旬頃のみ行われる「観光放水」です。
<>

 黒部ダム(1963年竣工)
 関西電力によって建設されたアーチ式コンクリートダムで、黒部川第四発電所がある。ダムの高さ(堤高)は186mで日本一を誇り、総貯水容量は約2億トン。総工費は513億円で、作業員延べ人数は1,000万人を超え、労働災害による殉職者は171人にも及び、難工事のダム建設であった。
 周辺は名勝・中部山岳国立公園でもあることから、立山黒部アルペンルートのハイライトのひとつとして、多くの観光客が訪れる。
  堰堤から見た「黒部ダム」。4枚のマウスオンアルバムです。最初の写真は、新展望台付近からの写真です。



スポンサーサイト

PageTop