関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

東平安名崎・島尻マングローブ

 伊良部島から伊良部大橋を渡り、宮古島に戻りました。
 伊良部大橋を渡るとき、観光バスのガイドさんが、「海面をよくみていてください。運が良ければ、ウミガメが見られるかもしれませんよ。」といっていたので、皆、海面を見ていたところ、「あっ、いた。」との声。「どこに、どこに。」「ほら、あそこ。」
 どこにいるかわかった人も多かったようですが、私はどこにいたかわらず、見損ないました。残念。
 海宝館(貝のミュージアム)で昼食をとったあとに向かったのは、宮古島一番の景勝地、東平安名崎(ひがしへんなさき)です。岬にある灯台に行く前に、東平安名崎を一望できる場所に行きました。
 マウスオンして、ワンクリックしてください。ワンクリックした写真は、ネットから拝借した画像です。晴れていれば、こんなに綺麗です。(4月13日)
<>

 東平安崎の灯台です。周辺の遊歩道を歩きました。 5枚のマウスオンアルバムです。
白い花は、テッポウユリ。ハネが青い鳥は、イソヒヨドリです。


 次の観光地は、島尻マングローブです。
 島尻のマングローブ林は奥行き1kmの入江に発達した宮古列島の中でも最大規模の群落を形成している。ヤエヤマヒルギ・オヒルギ・メヒルギ・ヒルギモドキ及び宮古列島を北限とするヒルギダマシの5種類が分布している。川がない宮古島でのマングローブの群生は非常に珍しいらしい。
 マウスオンしてください。
<>

  マングローブにいた、ハゼとシギです。
2704ハゼとシギ


スポンサーサイト

PageTop