関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

土曜ワイド劇場終了

 土曜ワイド劇場終了   
 テレビ朝日系列で1977年7月から放送されていた「土曜ワイド劇場」が、2017年4月8日をもって終了しました。2時間のサスペンスドラマの先駆けとして40年続いた人気番組で、高橋英樹主演の西村京太郎トラベルミステリー、藤田まこと主演の「京都殺人案内」など数多くの作品が放送されてきました。
 断崖絶壁に追い込まれ犯行を自供する犯人、時刻表をめくりアリバイ崩し、犯人ではないかと疑われたと思った人物が殺されるという展開が多く、定番の筋書きとはいえ、それが長年にわたって受けていた理由の一つではあったと思います。
 しかし、ここ数年、視聴率が10%を超えるのがやっとの状態だったようです。また、撮影期間が長く、制作費を抑えても3000万~4000万円くらいかかり、コスパとの比較で敬遠されるという事情もあったようです。
 「土曜ワイド劇場」は、少々、オーバーかもしれませんが、自分の人生とともに歩んできた番組といってもいいかもしれません。そう感じている人も多いのではないでしょうか。一時代の終焉です。
 記憶に残っているエンディングの主題歌をあげてみました。
①promised you (ZARD) https://www.youtube.com/watch?v=xpIzqyM1BlY
②もう少し(Kiroro) https://www.youtube.com/watch?v=vD0Db4EqdJc
③Smile again (BoA) https://www.youtube.com/watch?v=xJpzWxn63hg
④花鳥風月 (森山直太朗) https://www.youtube.com/watch?v=mvqkqHkLsVY
⑤今日になるから〜熊木杏里  https://www.youtube.com/watch?v=IgkwJOmUq9Q
⑥スカーレット(スキマスイッチ) https://www.youtube.com/watch?v=0OBgRDew1bs
⑦70億のピース (秦基博) https://www.youtube.com/watch?v=xAPtMZYm2NI
一番先に浮かぶのは、kiroroの「もう少し」です。


 近年、土曜ワイド劇場を惰性で観ていた感がありますが、それでも、この番組がなくなってから、土曜日が土曜日と感じられなくなりました。慣れるのに、しばらく時間がかかるかもしれません。

スポンサーサイト

PageTop