関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

尾道を歩く

 鞆の浦をあとにして、尾道に向かいました。着いたのは3時半すぎ、ここで息子のお嫁さんと合流しました。数年前まで、ここで働いていたことがあるので、町を案内してもらうことにしました。(5月27日)
 駅前広場は完成したばかりのようで、JRの駅は仮駅舎でした。2枚のスライドショーです。
01706尾道駅前
 尾道水道のウオーターフロント開発で、駐車場、商業ビル、緑地、遊歩道が整備されていました。マウスオンしてから、ワンクリックしてください。
<>

 時間があまりないので、レトロなアーケード商店街を歩いてから、途中で尾道ラーメンを食べ、千光寺ロープウエーに向かいました。(一週間前のブラタモリが「尾道」だったので、若干の予備知識がありました。)
 4枚のマウスオンアルバムです。
 2枚目の写真、大和湯とありますが、「カフェゆーゆー」です。「大和湯」という銭湯をリフォームした喫茶店で、昔の雰囲気を残しています。また、尾道のお土産の販売もしています。
 尾道といえば、ラーメンも有名。「壱番館」は、行列のできる人気店だそうです。スープは美味しかったですが、麺は関東と違って、もっちり感がありませんでした。西日本はみんなそうなのかもしれませんね。


 尾 道
 瀬戸内海(対岸の向島との間はその狭さから尾道水道と呼ばれる)に面し、古くから海運による物流の集散地として繁栄していた。しまなみ海道の開通によって、四国の今治市と陸路で結ばれ、物流面での利便性が高まり、「瀬戸内の十字路」となった。
 また、 山の斜面に住宅や寺院が密集し 、入り組んだ狭い路地と坂道が張り巡らされた独特な景観の町並みが「坂の町」として有名。

スポンサーサイト

PageTop