関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

岡山城

 旅行3日目、最終日です(5月28日)。一日目、二日目と目いっぱい観光をしたので、今日は岡山城だけにしました。(後楽園は去年来た時に行っています)
 宿泊先のコンフォートホテルを出て、旭川に沿って歩くと、その先が岡山城です。 2枚のスライドショーです。川の向こうは、後楽園です。

01705旭川
 烏城公園入口から見た「岡山城」です。それから、「不明(あかずの)門」をくぐり、「廊下門」を抜けると、岡山城の本殿があります。 4枚のマウスオンアルバムです。

 岡 山 城
 豊臣秀吉に厚遇され大大名となった宇喜多秀家が8年の歳月を費やして築城した。旭川を城の東背後を流れるように改修し、天然の外堀に活用している。天守閣の壁に黒漆塗りの下見板を取付けていることもあり、後に「烏城」とも呼ばれる。
 関ヶ原合戦で敗軍の将となった秀家は、流配先の八丈島で城主よりも長い期間の余生を過ごした。秀家に代わって城主となった小早川秀秋は、それまでの西側の外堀の外側に城域を拡張して新たに外堀を設け、その外に寺町を配置した。
 藩政が安定期に入った17世紀末には、旭川を隔てて北側に藩主が憩と趣を楽しむ庭として広大な「後楽園」が作られた。

01705岡山城

 お城の中を見学です。(城内は撮影禁止です。唯一、駕籠は写真撮影が可でした)
 最上階の天守閣から、四方の景色を眺めます。熊本城の天守閣からの眺めと似ているように思いました。 5枚のマウスオンアルバムです。。天守は昭和41年に再建。

スポンサーサイト

PageTop