関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

高山植物園から地蔵の頭へ

 高山植物園の花々と遠くの八方尾根を眺めながら、ゆっくり登りました。
高山植物園から
 下界は、ちょっと霞んでいますが、大パノラマです。
下界の白馬村
 地蔵の頭まで坂道が続きますが、標高が少し高くなるので、植物園では終わりかけていた自生の高山植物があちこちに咲いていて、目を楽しませてくれました(次回の記事に)。
 地蔵の頭の少し手前で、唐松岳(?)を撮影。
 マウスオンして、ワンクリックしてください。案内図に山の名前が書いてありましたが、どこがどの山なのか、さっぱりわかりません。

<>

 地蔵の頭(1676m)につきました。ここから先は、五竜岳方面へのトレッキングコースになります。
 マウスオンしてください。「地蔵ケルン」です。(ケルンの意味、山頂や登山路に石を積みあげて、記念や道標とするもの)

<>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

絶景ですね~~~

彼氏と別れるかも・・昨日は一睡もしてない~

お目目が腫れてちょーぶさいく~~~v-12

シネマ大好き娘 | URL | 2011-09-19(Mon)03:54 [編集]


シネマ大好き娘さんへ

そんなときに、書き込みなんてしている場合じゃないんじゃないですか。
ここには、訳はかけないでしょうが、どうして?
元に戻れるといいですが・・・

kawa | URL | 2011-09-19(Mon)09:28 [編集]


道標

気持ち良さそうな大パノラマです。それに涼しそう。
でも、疲れそう・・・。

“道標”というと、永井龍雲さんの『道標(しるべ)ない旅』を想い出します。
♪閉ざされた部屋の窓を開けてごらんよ
♪青春を旅する若者よ
 君が歩けば そこに必ず 道はできる
永井さんの唄は他に思いつきません。これはCMで聞いたのかな。

山ぼうし | URL | 2011-09-19(Mon)10:18 [編集]


すご~い!

いや、この高い山から見下ろす景色、まさにパノラマ!
気持ちがいいですね、みているだけでも。
でも、そこまで登るのはけっこうたいへんなんでしょう?
これだけの雄大な景色が見られるんなら、それでも登っていく価値があるのというものですね。

いいものを見せて頂きました。

安頓 | URL | 2011-09-20(Tue)00:38 [編集]


山ぼうしさんへ

ゴンドラで登ってからの歩きなので、大変ではないですよ。
下界は、この日も暑かったですが、風が心地よく、ここは別世界でした。

永井龍雲、『道標(しるべ)ない旅』は、代表作ですよね。
でも、私が思い浮かべるのは、五木ひろしも歌った「暖簾」です。

kawa | URL | 2011-09-20(Tue)20:28 [編集]


安頓さんへ

大パノラマ、写真では、なかなかお届けできませんね。

ゴンドラを降りてからの登りの距離は、たいしたことはありません。直行すれば、たぶん、15分くらいですよ。

山歩きはしない私ですが、ちょっぴりその雰囲気を味わいました。

kawa | URL | 2011-09-20(Tue)20:35 [編集]


高山植物園

ここには高山植物園もあるんですね。
少し霞んでいますが素晴らしい景色が楽しめて良かったですね。

michioaruku | URL | 2011-09-21(Wed)21:31 [編集]


michioarukuさんへ

うちは、高山植物園から地蔵の頭までですが、michioarukuさんは、この先のトレッキングコースでしょうね。

kawa | URL | 2011-09-22(Thu)00:17 [編集]