FC2ブログ

関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

ライオンズ、CS敗退

 圧倒的な打撃力で、10年ぶりのパリーグ優勝を果たした西武ライオンズですが、ソフトバンクとのクライマックスシリーズに、2勝(うち、1勝はアドバンテージ)4敗と負け越し、日本シリーズ進出を逃しました。
 このシリーズは、シーズン中の投手力の弱さがそのままでて、フォアーボールを連発しては、その後にホームランを打たれるといった内容で、5試合での失点は、10点、5点、15点、8点、6点で計44失点。一試合平均では8.8点と飽きれてしまうほどの大量失点をしています。シーズン中も防御率は悪かったのですが、それに拍車をかける失点でした。
 一方、12球団一といわれる強力打線は、5試合での総得点が、4点、13点、4点、2点、5点で計28得点。一試合平均では 5.6得点と、打ち負けてしまいました。このCSの5戦で、8~9月好調だった中村が3安打、シーズン最多安打の秋山が3安打、ホームラン王の山川3安打(2打点)と不振が響きました。
 それでも、打線は平均で5点以上とっているので、負けの原因は、8.8失点した投手陣にあります。今までに、これだけ打たれまくった野球をみたことがありません。草野球並みの失点です。
 ライオンズのピッチャーは恥ずかしくないのでしょうか。ファンは怒っていると思いますよ。少なくとも、私は怒っています。日曜の夜は、あまりにも不甲斐ない負け方に、悔しくて悔しくて目が覚めてしまい、なかなか寝付けませんでした。

 シーズン中のライオンズは、打ち勝つ野球で、大いに我々ファンを楽しませてくれましたが、これをいっぺんに吹き飛ばしてしまうほどの残念な負け方でした。5試合で44失点は屈辱的です。負けたから悔しいのではなく、負け方が悔しいのです。

 来年に向けての最大の課題は、弱体投手陣の整備です。菊池雄星が大リーグに挑戦(たぶん活躍できないと思いますが)することになるので、このままでは、さらに投手力が弱体化してしまいます。
 今いる投手のレベルアップ(四球を減らすこと、投球数を減らすことなど克服すべき課題が多いです)、ドラフトでの補強、トレード、新外国人の獲得などありとあらゆる手段を講じ、防御率を3点台にさげないといけません。
 万一、投手力の底上げができないとなると、連続優勝は夢のまた夢、それどころか、Bクラスに転落することも予想されます。何としても、課題を克服して、投手力を強化して、来年も強いライオンズの試合をみせて欲しいです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。
クライマックスシリーズでは、西武が大量失点で敗れてしいましたね。
せっかくリーグ優勝出来たのに、大変残念でした。
投手陣をなんとかしなければなりませんね。
鍛え直して、来年は日本一を目指して欲しいですね。

ringo | URL | 2018-10-23(Tue)23:31 [編集]


ringoさんへ

弱い投手力を強力打線がカバーして、優勝。CSでは、心配していたことが現実になってしまいました。ファンとしてはショックで、悔しいです。
投手力の整備は急務です。ドラゴンズも、後ろのピッチャーが弱いので、同じ境遇ですね。

kawa | URL | 2018-10-23(Tue)23:40 [編集]


こんにちは

ファンあっての野球ですから、このような声が届いてほしいですね。
投手陣にしても情けなく思っていることでしょうから、
来年は何とかなりますよ。きっと。

山ぼうし | URL | 2018-10-25(Thu)12:34 [編集]


山ぼうしさんへ

と思いたいですが、来年は、菊池雄星がいなくなるので、もっと悪いことになるかもしれません。ドラフトが今日ありましたが、指名した投手もあまり期待できません。
悲観的です。

kawa | URL | 2018-10-25(Thu)20:26 [編集]


こんばんは。
お久しぶりです。
西武は、クライマックスシリーズで負けて、とても残念ですね。
ソフトバンクが頑張って、日本シリーズ優勝に王手をかけました。
パリーグは、やはり強いですね。

ringo | URL | 2018-11-01(Thu)23:33 [編集]


ringoさんへ

今日の試合、広島が先行してましたが、4対3の時に、ソフトバンクが勝つような気がしてました。展開が何となくソフトバンクペースでした。10回に、ソフトバンクがサヨナラ勝ちといっていたら、その通りになりました。
2位のチームが勝つということは、パリーグが強いということになるんでしょうね。まだ、わかりませんが。

kawa | URL | 2018-11-02(Fri)00:30 [編集]