関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

石見銀山

 最近、全く外出していないわけではないのですが、行った場所がブログで何回か紹介しているところばかりなので、再掲する気が起きず、今回は、知人のNさんが6月に行った「石見銀山」の写真を載せることにしました。
 石見銀山、大森地区の町並みを上から眺めたものです。
 街並み上から
 大森銀山地区の町並みは昭和62年に重要伝統的建造物群保存地区(種別 鉱山町)として選定され、銀の積出港であった温泉津地区の町並みは港町・温泉町として、平成16年に重要伝統的建造物群保存地区(種別 港町・鉱山町)として選定されました。なお、大森銀山伝統的建造物群保存地区は2007年に、温泉津伝統的建造物群保存地区は2009年に、それぞれ選定区域を拡大しています。
 5枚のマウスオンアルバムです。


 たくさんある写真の中から、5枚ほど抜粋しました。私が適当に選んだので、載せたほうがいい写真があったかもしれません。また、これだけの写真で世界遺産の素晴らしさを伝えられたとは思えませんが、ご了承願います。
 5枚のマウスオンアルバムです

①大森代官所跡(石見銀山資料館) ②大森代官所跡(石見銀山資料館)
③山陰合同銀行大森代理店 ④理容館アラタ ⑤カフェ・カリアーリ

石見銀山(いわみぎんざん)
 島根県大田市にある、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山(現在は閉山)。
当時世界の銀の3割を産出したと推定される。大森銀山(おおもりぎんざん)とも呼ばれた。明治期以降は銅などの鉱物が主に採鉱された。
 日本を代表する鉱山遺跡として、国によって史跡に指定。平成19年6月28日にニュージーランドのクライストチャーチで開催されていた世界遺産委員会でユネスコの世界遺産(文化遺産)への登録が決まり、7月2日に正式登録された。
 一般に銀山開発においては銀の精錬のため大量の薪炭用木材が必要とされたが、石見銀山では適切な森林の管理がなされたことにより環境への負荷の少ない開発がなされ、今日に至るまで銀山一帯には広葉樹などを含む森林が残されてきている点が特に評価されている。


  石見銀山に行ったのに、間歩(まぶ)「坑道(こうどう)のこと」の写真がありませんでした。Nさんに訪ねたところ、町並みを見たかったので、最初から寄るつもりはなかったそうです。私なら行ったと思いますが、人それぞれですね。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

カフェ・カリアーリいってみたいです~~~

おされ~~~~v-20

シネマ大好き娘 | URL | 2011-10-21(Fri)04:36 [編集]


シネマ大好き娘さんへ

メニューに、珈琲しかないかも。

kawa | URL | 2011-10-21(Fri)11:01 [編集]


よくぞ世界遺産に

昔は、栄えた鉱山の町だったことが、偲ばれますね。
今でも鄙びたいい温泉街になっているようで、こういう
ところが、世界遺産に指定されることは、意義がありますね。

西恋おじん | URL | 2011-10-21(Fri)22:18 [編集]


街並み

密集した家々や瓦屋根、道路の狭さなどは港町!という感じですが、
屋根が広く大きな家(店)が多いですね。流石銀の出荷港です。
説明文の、当時から「適切な森林管理がなされていた」ことに感心します。
歴史のある古い街並み散策はイイですよね。

山ぼうし | URL | 2011-10-22(Sat)16:57 [編集]


石見銀山

ここは、世界遺産になるずっと前に何回か訪れたことがあります。 まさか世界遺産になるとは思いませんでした。

michioaruku | URL | 2011-10-22(Sat)20:58 [編集]


大森を訪ねた訳

(1)電柱が無ければ江戸時代にタイムスリップしたような景観が続く街並み。
(2)世界に誇れる企業「中村ブレイス」がある街
こんな不便なところにわざわざ訪れる理由は、新しい人生を歩むため
(3)珈琲の看板がある「カフェ・カリアーリー」とは
もともとこの街の出身者である店主は、祖母が残した家を守るために帰郷して日本で唯一の輸入権を取得した。

そんな街を一度、歩いてみたかったのです。
近いうちに、また、珈琲をのみに行こうかと思っています。

Nkmr | URL | 2011-10-23(Sun)00:33 [編集]


西恋おじんさんへ

江戸時代を偲ばせる町並み、癒されます。こういうところが、世界遺産に指定されてよかったと思います。

kawa | URL | 2011-10-23(Sun)10:16 [編集]


山ぼうしさんへ

どこにあるのか地図で調べてみたら、山の中でした。でも、港町にもあるような風景ですね。
採掘がおこなわれていた場所で緑が豊富、足尾銅山などと比べると大きな違いがありますね。

kawa | URL | 2011-10-23(Sun)10:20 [編集]


michioarukuさんへ

そうですよね、この静かで鄙びた町が世界遺産ですものね。
登録前だと町を見ても感じ方も違ったでしょうね。

kawa | URL | 2011-10-23(Sun)10:23 [編集]


Nkmrさんへ

撮影者の意図通りに、編集できたでしょうか。

大森を訪ねた訳を追記していただいて、ありがとうございます。銀山の坑道より、町並みに魅力を感じたのですね。

kawa | URL | 2011-10-23(Sun)10:28 [編集]


そう遠くはないのですが

おはようございます。
石見銀山、こちらからはそう遠くはないのですが、実はまだ行ったことがないのです。世界遺産に登録されてからは、かなりの人が足を運んだようです。

ツアーの中にも「石見銀山」の入ったコースがたくさんありますからね。
岡山にもよく似た町、「吹屋の里」というのがあります。こちらは銅山ですけど。

紹介ありがとうございます。いい勉強になりました。

安頓 | URL | 2011-10-25(Tue)05:33 [編集]


安頓さんへ

福山から遠くないですよね。とうに行っていると思いました。
世界遺産に登録されてから、観光客が増えて、静かさが損なわれているでしょうね。
でも、この写真は、人がほとんどみあたりません。平日なら
静かなのかも。

kawa | URL | 2011-10-25(Tue)09:53 [編集]