関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

島原湾フェリーと天草パールライン

 西九州の旅・三日目(12月3日)
 島原半島南端の口之津港から天草鬼池港まで、島鉄フェエリーで30分の航路。
5枚のマウスオンアルバムです。つかの間の晴れ間、青い空と海を見ることが出来ました。遠くに雲仙普賢岳も見えています。


 十三仏公園
 北に妙見浦、南に白鶴浜海水浴場を望む西海岸の景勝ポイント。
与謝野鉄幹(天草の十三仏のやまに見る 海の入日とむらさきの波)、晶子(天草の西高浜のしろき磯 江蘇省より秋風ぞふく)夫妻の歌碑がある。近くに十三仏堂というお堂がある。

 マウスオンして、ワンクリックしてください。
<>

 大江天主堂 昭和8年、フランス人宣教師ガルニエ神父が地元住民と協力して建てた白亜の教会。マウスオン。教会からの眺めです。
<>

 四号橋(前島橋)は大池島~前島を結ぶ橋で、全長は520m。 天草パールラインに架かる天草五橋のひとつ。
 天草松島(あまくさまつしま)は、大矢野島と天草上島の間に大小約20余の島々の総称。
 5枚のマウスオンアルバムです。海が青かったら、さぞ綺麗だと思います。
天草四朗時貞
 島原の乱(キリシタンの反乱?)の指導者(?)とされている人物。乱(1637年)勃発時は16才程度の少年で、十字架を掲げて戦闘を指揮したと伝わり、幕府の軍隊による原城への総攻撃を受けて、炎の中で自害したとされる。



本年最後のブログ更新です。来年もよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

与謝野晶子は、情熱的だったような・・・

来年もよろしくおねがいしま~~すv-238

シネマ大好き娘 | URL | 2012-12-27(Thu)05:45 [編集]


お世話になりました

教会からの眺めを見ると、いたって普通なので
ここに白亜のキレイな教会があるのが不思議な感じがします。
橋げたが海面に近いですね~満潮なのでしょうか。
スッキリとした橋ですね~。

良いお年をお迎えください。
来年も宜しくお願いします。

山ぼうし | URL | 2012-12-27(Thu)12:38 [編集]


口之津

島原半島一周徒歩ホステリングの宿泊先が口之津でした。
口之津に富士山があり、登ったことがあります。

michioaruku | URL | 2012-12-27(Thu)21:41 [編集]


学生時代の思い出

口之津に高校の同級生の実家があり、ヒッチハイクで九州一周をした時に泊まりました。翌日友人に見送られてフェリーで天草へ
天草5橋は、熊本市内から何度かドライブで出かけました。
「天草一号橋、二号橋、三号橋・・・・」ちょっとした早口言葉です。  お試しください。

ps・九十九島せんべいは、食べましたか。(絶品です)

Nkmr | URL | 2012-12-28(Fri)01:08 [編集]


天草四郎時貞

天草という言葉で反射的に出てくるのは「天草四郎時貞」という名前。
歴史でもいろんな場面で取り上げられているので、頭に焼き付いているんでしょうか?
風光もなかなか明媚ですばらしいところですね。
あの頃のキリシタンの人たちの心、少しだけ思いを馳せてみました。
彼の洗礼名は「洗礼名は当初「ジェロニモ」」だったそうです。なんかインディアンの酋長みたいですが。

今年も、お付き合いありがとうございました。
よい、お年をお迎え下さい。

安頓 | URL | 2012-12-28(Fri)10:53 [編集]


シネマ大好き娘さんへ

誦熱的、シネマさんもそうかな。

来年もブログを訪問します。

kawa | URL | 2012-12-28(Fri)23:24 [編集]


山ぼうしさんへ

島に教会があるのが不思議ですが、よく考えてみると、島だから布教が進んだのかもしれないですね。

言われてみれば、橋桁が低いですね。大きい船は通らないのかもしれませんね。

来年も、訪問させていただきます。

kawa | URL | 2012-12-28(Fri)23:29 [編集]


michioarukuさんへ

九十九島の近くにも、〇〇富士というのがありましたが、島原なので、それとは、別の山なのでしょうね。

kawa | URL | 2012-12-28(Fri)23:32 [編集]


Nkmrさんへ

思い出があるのですね。懐かしい風景だったでしょうか。

熊本から天草は橋がつながっているので、近そうですね。

「せんべい」、食べなかったです。

kawa | URL | 2012-12-28(Fri)23:35 [編集]


安頓さんへ

>あの頃のキリシタンの人たちの心、少しだけ思いを馳せてみました。
私も思い浮かぶのは、天草というと、天草四郎ですね。
キリスト教が広まったのは、それなりの理由があったのでしょうね。

kawa | URL | 2012-12-28(Fri)23:42 [編集]