関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

中国雑技団ショーと島原イルミ

 今回の西九州の旅、コースもよく、ホテルもよく、祐徳バス(エピソード・社長が若いときに修業するために来たのが私のいた会社で、私が育成担当に指名され、私の元で3年ほど働いていました。)のガイドさん(女・綾小路きみまろ、本名・山下鈴子)が面白く(笑いすぎて涙が止まらないこともが何回もありました)、青空が少なかったことを除いては、とても満足のいく旅でした。
 
 また番外で、ホテル蘭風での中国雑技団ショー、ホテル蘭風楼が会場まで送迎してくれた島原イルミネーションも楽しめ、得をした気分になりました。
 雑技団ショーの前に、ホテル従業員による踊りと鰤解体ショーがありました。ブリがまな板の上で、バタバタと暴れているのを見たら、かわいそうになりました。どうも好みではありません。

ホテルのショー
 2年ほど前に、鬼怒川の「あさやホテル」で見たことがありますが、同じ団ではないようでした。(中国には、100以上あるそうです。)
 難しい演技ばかりで、失敗しないだろうかとハラハラドキドキで、思わず手や肩に力が入ってしまいました。。
 何枚も写真を撮りましたが、その中の5枚だけを載せます。マウスオンアルバムです。写真は、演技順ではありません。


 島原イルミネーション、正式名は、島原ウインターナイト・ファンタジアです。
 島原外港緑地公園が会場の毎年恒例の巨大クリスマスツリー、イルミネーションZOO(動物園)、ロマンティックアーチ等、いろとりどりの イルミネーションが飾られています。
 5枚のマウスオンアルバムです。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

どらえもん、みっけ~

綺麗なイルミネーションすてきだわ~

シネマは、お魚さわれないから解体ショーは、無理ですわ~

シネマ大好き娘 | URL | 2013-01-18(Fri)05:54 [編集]


雑技団

近くで見たらより凄さ・迫力を感じそうですね。
イルミネーション流行りなので、各地毎の
工夫がみられるのではないでしょうかね。

山ぼうし | URL | 2013-01-19(Sat)22:26 [編集]


あっ。同じだ

 どうも生きた魚の解体ショーは、私も嫌ですね。
いくら食用に育てられた魚とはいえ、目の前でやられると
残酷さが鮮明になり過ぎますね。
 中国雑技団は、上海で見ましたが、日中関係もこういう文化を通して修復されればいいですね。
 イルミネーションで驚いたのは、フラミンゴです。
私が見た東京ドイツ村のフラミンゴと酷似しています。
おそらく同じ会社が手掛けたのでしょうね。

西恋おじん | URL | 2013-01-20(Sun)10:22 [編集]


シネマ大好き娘さんへ

どらえもんに気がつくとは、よく見ていただいてありがとうございます。
刺身はいいけど、生きた魚に包丁をいれるのは、ちょっとね。

kawa | URL | 2013-01-20(Sun)22:16 [編集]


山ぼうしさんへ

迫力あります。一度は生でみることをお勧めします。

イルミ、規模は小さかったですが、無料で楽しめたので得した気分です。

kawa | URL | 2013-01-20(Sun)22:18 [編集]


西恋おじんさんへ

解体ショー、冷凍になっていればいいですが、はねていた魚の解体苦手です。
雑技団の技、素晴らしいです。
私もドイツ村のイルミ見ました。フラミンゴ、いましたね。

kawa | URL | 2013-01-20(Sun)22:21 [編集]