関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

レーモンド松屋「安芸灘の風」

 観光記事ではなく、新ジャンルの「音楽・ドラマ・芸能」です。
 2月に、近くの知人の家を訪問し、二人でパソコン談義。「いい歌がありますよ」といって、ユーチューブで聴かせてくれた歌が、レーモンド松屋の「安芸灘の風」でした。伸びのある声で声量もあり、メロディーも覚えやく、とても印象に残りました。
 
(ユーチューブでの映像です。ぜひ、聴いてください。)
「安芸灘の風」http://www.youtube.com/watch?v=DoQO4RDiRgQ
 お祭りや居酒屋などで数多く歌っています。応援したいです。(演奏は、KUNIKOさん)
「来島海峡」http://www.youtube.com/watch?v=n72Rs7Z3X3E&feature=related

レーモンド松屋
 2010年、TBS系列テレビ「第43回日本有線大賞」で、レーモンド松屋の「安芸灘の風」が「新人賞」「有線問い合せ賞」をダブル受賞!!
 キャンシステム有線放送で「「安芸灘の風」が、演歌お問合せランキングで、2010年2月、3月、4月、5月、史上初4ヶ月連続1位!
 四国の自然や地域にちなんだオリジナル曲から懐かしの名曲、洋楽、ロックまでレパートリーは多技にわたる。しっとりと聴かせる甘く切なく力強いその歌声は聴く人々を魅了する。

(デイリースポーツオンラインより)
 四国を中心に活動する歌手・レーモンド松屋(59)がインディーズで発売した「安芸灘の風」が、有線お問い合わせチャートで史上初の4カ月連続1位を獲得し、7月にメジャーデビューを果たした。史上最高齢の61歳でNHK紅白歌合戦初出場を果たした歌手・秋元順子(63)も同チャートで注目されたのがきっかけでブレークし、同様に“アラ還デビュー”を果たしたレーモンドは“第2の秋元”として話題を集めている。新・団塊の星として紅白歌合戦出場を目指す。

 「今の曲、誰の歌ですか?」。1度聴いたら忘れることのできない歌声…レーモンド松屋が有線放送のユーザーからの問い合わせの数を集計した「お問い合わせチャート」をにぎわせ始めたのは今年2月だった。08年11月に地元・愛媛でインディーズ盤として発売したラブソング「安芸灘の風」を首都圏で本格的にプロモーションした途端に話題となった。

 同チャートで2月から史上初の4カ月連続1位を獲得すると、音楽関係者の目に留まって7月に同曲でのメジャーデビューが決定。有線をきっかけにした“アラ還デビュー”は、インディーズ盤「マディソン郡の恋」がレーモンド同様に問い合わせチャート1位となり、04年に58歳でデビューした秋元順子と同じ軌跡をたどる。

 歌謡曲を思わせる懐かしい音作りが人気の秘けつ。レーモンドは、その後も同チャートで9月までトップ10以内を維持し、四国が主戦場のオジサン歌手としては異例の数字が続いている。

 高校時代からバンドを組み、卒業後には東京で音楽学校に通っていたロックおやじ。20歳で地元に戻ってからはツアーコンダクターとして夜の宴会で歌声を磨き、ボーリング場の店員としてBGMの流行歌を聞き込んできた異色の歌手だ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

秋元さんは知ってたけど~~~

アラカン世代すごいですね~~

シネマ大好き娘 | URL | 2011-05-16(Mon)05:26 [編集]


シネマ大好き娘さんへ

四国で歌っているので、知ってると思ってました。
「安芸灘の風、聴いてあげてください。

kawa | URL | 2011-05-16(Mon)20:36 [編集]


お返しです。

懐かしくていい曲を見つけました。

http://www.youtube.com/watch?v=-UZPksVgiqo

Nkmr | URL | 2011-05-16(Mon)22:42 [編集]


Nkmrさんへ

安芸灘の風、もっと皆に知られて欲しいですね。

「南沙織」のファンでしたか。

kawa | URL | 2011-05-17(Tue)10:12 [編集]


こんにちは

音を出せないので帰ってから聞くとして・・・。
kawaさんの説明を読んだだけで、充分興味をひかれています。
アラ還デビュー、エライものですね。
オっちゃんやオバちゃん世代には嬉しいことです。
一筋に生きている方は、イイ人生を送っているのだな~と羨ましくもあります。

山ぼうし(KAEDE) | URL | 2011-05-17(Tue)12:36 [編集]


山ぼうしさんへ

山ぼうしさんより年上ですが、比較的世代が近いと思います。私もうらやましいですね。
ぜひ、聴いてください。二曲ともいい歌ですよ。
覚えてください。カラオケに最適です。

kawa | URL | 2011-05-17(Tue)18:22 [編集]


こちらにもやってきていますよ

レイモンド松屋、この人ギターも歌もうまいし、こちらの方でもよく、スーパーの催事場なんかでも歌っています。
私も何度かこのステージを見たことがあります。

http://bit.ly/iTKEVY

安頓 | URL | 2011-05-18(Wed)03:02 [編集]


安頓さんへ

2006年8月に取り上げているんですね。
この時、「安芸灘の風」や「来島海峡」を歌っていたのでしょうか。

何回聴いても、いい歌だと思います。
全国的に売れて欲しいし、紅白にも出て欲しいです。

kawa | URL | 2011-05-18(Wed)09:49 [編集]


いい曲です

新路線の第一弾「安芸灘の風」は演歌のジャンルに入る
のでしょうか。軽快な曲でいながら、切なさも伝わって
、私は「釜山港へ帰れ」を思い出しました。
ロックでも歌いだしそうな格好で歌謡曲とは、いいですね。
覚えやすそうで、カラオケでは、確実にファンが増えますね。気持ちよく朗々と歌える部分もあって、歌として大事な
要素ですよね。楽しめました。

西恋おじん | URL | 2011-05-19(Thu)07:08 [編集]


西恋おじんさんへ

聴いていただいてありがとうございます。
私、もう、何十回と聴いて、ほとんど覚えてしまいました。
覚えやすく、歌いやすい曲ですよね。
全国でヒットして欲しいです。
(歌の記事は、これから、ひんぱんに載せたいと思っています)

kawa | URL | 2011-05-19(Thu)09:53 [編集]