関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

養老渓谷・栗又の滝

 久しぶりのバス旅です。先月28日の日曜日、養老渓谷の紅葉とミカン狩り、東京ドイツ村のイツミネーションの旅に行ってきました。
 関東甲信越・花と風景写真というブログタイトルにも係わらず、千葉県の記事が、初めてです。
 房総へは、都内を抜けてマイカーで行く気が起きないので、観光バスで行くことにました。日曜日なので高速道路は、スイスイと走りましたが、最初の見学地、養老渓谷の近くから大渋滞。予定より2時間以上遅れての到着になりました。
 養老渓谷の紅葉時期の日曜日は、避けるのが賢明ですね。おススメできません。予定より2時間ほど遅れて、やっとたどりつきました。
 養老渓谷・粟又の滝です。紅葉は期待したほどではありませんでした。
マウスオンして、ワンクリックしてください。

<>

 短い見学時間の中、養老渓谷を散策です。5枚のマウスオンアルバムです。
1枚目は、粟又の滝の遠景、2枚目以降は、養老渓谷に沿いの遊歩道からの風景です。


 養老渓谷沿いの木々の紅葉が、とても綺麗でした。
2211養老渓谷の紅葉
 養老渓谷・栗又の滝
 養老渓谷(ようろうけいこく)は、千葉県夷隅郡大多喜町から市原市を流れる養老川によって形成された渓谷。高滝は、養老川上流の大多喜町粟又にあり、地名から通称「粟又の滝」、河川名から「養老の滝」と呼ばれ、通称である「粟又の滝」という名称のほうが
広く知られている。
 養老渓谷を代表する名所であり、千葉県随一の名瀑として観光名所となっている。落差約30m、幅約30m、延長約100mで、流れは地面を穏やかに流れる。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する