関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

萩城下町・松陰神社・松下村塾

  山陰山陽の旅、最初の見学地は、山口県の萩市にある萩城城下町です。(25年5月26日)
 散策したのは、萩城城下町コースの一部で、往時の面影を残す江戸屋横町、呉服町すじ、菊屋横町です。町筋は碁盤目状に整備され、中・下級の武家屋敷や町屋が軒を連ねています。
 もっと広い地域かと思っていましたが、歩くだけなら10分ほどで回れる狭い地域でした。あとで調べたら、ここは、散策コースの一部だったようです。

①江戸屋横町 ②呉服町すじ ③白壁(なまこ壁) ④菊屋横町1 ⑤菊屋横町2

 木戸孝允旧宅と高杉晋作誕生地です。
木戸高杉
 高杉晋作像の横で、城下町盛り上げ隊(と思われる人、男女各1名)が、高杉晋作の紙芝居をやっていました。時間があったので、椅子にすわって聞いていきました。面白かったです。
マウスオンしてください。

<>

 松陰神社
 明治23年に吉田松陰を祀って建てられた神社。明治40年に、県社の社格の神社創設が許可された。学問の神として信仰が厚く、境内には有名な松下村塾、松陰ゆかりの史跡や展示館などが点在。
 松下村塾
 江戸時代末期(幕末)に長州藩士の吉田松陰が講義した私塾である。松陰の叔父である玉木文之進が天保13年に設立した。
 5枚のマウスオンアルバムです。

①松陰神社大鳥居 ②松下村塾 ③講義室 ④控の間 ⑤松陰神社参拝

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

紙芝居いいですね~~~~美人のおねえさんじゃないですか

白い壁が風情がある街並みですね~

シネマ大好き娘 | URL | 2013-06-16(Sun)05:44 [編集]


長州の面影

 萩・津和野は10年前に行きました。
町並みは、流石に長州藩らしい面影を残していて、
どっしりとしてますね。
松下村塾も行きましたが、こんなに小さな勉強部屋から
明治維新が生まれたかと思うと感慨深いものがありましたね。紙芝居を女性がやっているのがいいですね。ペリー艦隊の話みたいですね。

西恋おじん | URL | 2013-06-16(Sun)11:42 [編集]


一番キレイな散策コースだったのでは?
ちょっとひっそり感がありますね。
松下村塾は有名ですが、
松陰神社があることを知りませんでした。
よかった、ここで知ることができました。

山ぼうし | URL | 2013-06-16(Sun)18:03 [編集]


シネマ大好き娘さんへ

紙芝居、時間があったので、みなくては、と思いました。
よかったですよ。

kawa | URL | 2013-06-17(Mon)23:10 [編集]


西恋おじんさんへ

行ったことがある人、多いですよね。
長州藩、山口がメインかと思いましたが、萩でも維新を目指す藩士がいたのですね。

紙芝居、下関砲撃だったと。

kawa | URL | 2013-06-17(Mon)23:13 [編集]


山ぼうしさんへ

団体のツアー客(自分たち)が歩いているだけで、個人の人はわずかでした。
松陰神社、世田谷にもありますよね?

kawa | URL | 2013-06-17(Mon)23:17 [編集]


維新を思い出させる

いい旅されていますね。
大河ドラマでも、長州藩の維新の志士たちがたくさん津汚嬢します。
長州、土佐…なんかワクワクしてきます。
私はこの時代の大ファンです。

安頓 | URL | 2013-06-18(Tue)18:11 [編集]


安頓さんへ

安頓さんのいうとおりで、なぜか長州、土佐ときくとワクワクしますよね。薩摩はそれほどでもないのに。

kawa | URL | 2013-06-19(Wed)22:57 [編集]


松下村塾

最近萩城跡を訪ねたりしましたよ。かなり昔、車が萩の街に入れないほどの混雑した時がありました。毛利の菩提寺の灯篭などが印象に残っています。デジカメのない時代、アルバムを出してきて見直しましたよ。

tetu | URL | 2013-06-20(Thu)02:09 [編集]


tetuさんへ

30~40分の散策では、萩を知ることにはなりませんよね。
でも、これがツアーの宿命。

一時のブームは去ったということなんでしょうね。平日のせいもあるのか観光客が少なかったです。

kawa | URL | 2013-06-20(Thu)09:12 [編集]