関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

知床観光船・硫黄山航路

 楽しみにしていた知床観光船の約90分のクルージング(14時30分出航)です。(9月29日)
 ウトロ港に停泊する知床観光船おーろら号、冬場は網走の流氷の(砕氷)観光船で活躍しているそうです。
 マウスオンしてください。2枚のスライドショーです。
 出航して間もなく、船はバスで通ったプュニ岬に近づいてきます。

<>

 しばらくして、青空がひろがってきました。気温も思いのほか高く、ずーっとデッキで海風に吹かれながら景色を楽しめ、快適なクルージングになりました。
 人を寄せつけない原子境の船上ウオッチング(硫黄山航路)は、奇岩あり、滝ありで、遠くには知床連山が見え、船でしか見られない風景に感動です。 5枚のマウスオンアルバムです。



 乙女の滝(フレペの滝)、マウスオンで、湯の華の滝(男の涙)、ワンクリックで、クンネポール(アイヌ語で、黒い穴の意味)
<>

 カムイワッカの滝をみて、観光船は少し先に進んでから引き返します。
マウスオンして、ワンクリックしてください。
 奥の滝(一段目滝?)も見えます。

<>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

見た記憶が

 この航路は、羽tら下乗った記憶があります。
滝が直接海に落ち込む珍しい場所だと思ったのですが。

西恋おじん | URL | 2013-11-06(Wed)16:50 [編集]


クルージングいいですね~~

シャンパンとか出てきたら最高ですね~

シネマ大好き娘 | URL | 2013-11-07(Thu)06:16 [編集]


知床

知床観光船おーろら号でのクルージングは、天気に恵まれて良かったですね。
写真を見ていると訪れたくなります。

michioaruku | URL | 2013-11-07(Thu)20:56 [編集]


西恋おじんさんへ

>滝が直接海に落ち込む珍しい場所
カムイワッカの滝、フレペの滝とふたつありましたね。
海からしかみられない絶景です。(フレペの滝は上からちょっとみられるそうですが)

kawa | URL | 2013-11-08(Fri)23:05 [編集]


シネマ大好き娘さんへ

船上でシャンパン、優雅ですね。
シャンパンは、クルーザーが似合うかも。

kawa | URL | 2013-11-08(Fri)23:07 [編集]


michioarukuさんへ

青空で本当によかったです。さいはてなので、なかなか次の機会にという場所ではないですからね。
ここは歩きでは見られないところですから、訪れたら、乗船をおすすめします。

kawa | URL | 2013-11-08(Fri)23:10 [編集]


いいなぁ…

こんばんは。
北海道か、いいですね。
9 0分のクルージングですか、結構長いですね。
いい旅、されたようですね。
うらやましい限りです。チャンスがあれば、私もぜひ私ももう一回、訪れたいと思ってます。

安頓 | URL | 2013-11-10(Sun)20:40 [編集]


知床

アイヌ語の名前を見ると、改めて北海道という地が
本州とは違うのだな~と思います。
晴れて良かったですね~。

山ぼうし | URL | 2013-11-10(Sun)23:59 [編集]


安頓さんへ

コースは少し違いますが、知床、摩周は2回目でした。
でも、いいところは2度来てもいいですよね。
もっとも、クルージングは初めてでした。青空でよかったです。

kawa | URL | 2013-11-11(Mon)12:11 [編集]


山ぼうしさんへ

考えてみれば、北海道は、もともとアイヌ地だったんですよね。
南から人が来ていなければ、アイヌ国みなっていたかも。

観光バスに乗ると、観光地図に50くらいある地名がのっていて、いくつ読めますか?と。回答がのっていません。6割ぐらいは読めました。

kawa | URL | 2013-11-11(Mon)12:16 [編集]