関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

てんとうむし

 リビングの壁と柱の写真です。
 1月中旬のこと、天井と柱のすみのところに、小さな黒い塊がくっついていました。近づいてよく見てみると、てんとうむしでした。全く動かないので、取って捨ててしまおうかと思ったのですが、次の日には少し場所が変わっていました。生きていたのです。
 ネットで調べてみると、家の中が好きで冬眠のために入ってきて、時期がくるまでジッとしているのだそうです。普通は一匹ではなく、何匹か集団でくるとも書いてありました。
 「じゃー、そのままにしておこう」ということにしたのですが、いつの間にかいなくなってしまいました。どこにいったのだろうと思っていたら、隣の部屋の柱に、とまっていました。どこにいったのかわからなくなってもいけないので、虫かごに移しました。

てんとうむし1
 土を少し入れ、止まれるようにと割り箸をいれ、葉っぱもいれてあげました。
てんとうむし2
 蓋にへばりついています。時々、移動して葉っぱにもとまっています。部屋の気温が17~18℃くらいなので、冬眠から覚めてしまったのかもしれません。
 もう少しして暖かくなったら、外にだしてあげようと思い、飼育(?)しています。

てんとうむし3


 1月31日、また、川島町の白鳥を見に行きました。100羽くらいいました。
 中洲で眠っている集団と川で浮かんでいる集団とにわかれれいます。頭が灰色の白鳥は、幼鳥です。

川島町白鳥250

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

テントウムシさん、kawaさまのおうちで、しあわせですね~

テントウムシのサンバを歌ってもらえる日がくるといいなあ~

白鳥さんの幼鳥さんもかわいい~~

シネマ大好き娘 | URL | 2014-02-03(Mon)05:36 [編集]


我が家はカメムシ

てんとう虫で良かったですね。我が家では先日、カメムシがどこからとも知れず落下してきました。動きませんでしたが、死骸ではありません。かわいそうですが、ティッシュに包んでゴミ箱行きでした。
命をつないでいる小さな昆虫へ目が向くようになったのも、年を重ねたおかげかも知れません。若いときには気が付かなかった発見があるものうれしいことですね。

楽農楽写 | URL | 2014-02-03(Mon)17:43 [編集]


シネマ大好き娘さんへ

調べたら、てんとうむしの寿命は、成虫になってから約2か月だそうです。暖かくなるまで、生きられるのかどうか。

kawa | URL | 2014-02-04(Tue)10:14 [編集]


楽農楽写さんへ

うちも部屋に入ってきた虫は、できるだけ捕まえて、外に出してあげるようにしています。つぶして、くずかごは忍びないので。

どんな小さな生き物でも、一生懸命生きていると思うと、少しでも長く生きて欲しいと思いますよね。
確かに、目が向くのは、やはり、年齢のせいだと思います。

kawa | URL | 2014-02-04(Tue)10:22 [編集]


こんにちは

テントウさんも個室をいただいて
さぞ、お喜びのことでしょう。
部屋の中にテントウさんがいる・・・ってイイですね。

さて、今週末は行けるかな~川島!

山ぼうし | URL | 2014-02-05(Wed)12:39 [編集]


考えましたね

こんにちは!
てんとう虫も部屋の中だと温かいから居心地もいいのでしょうね。それをそっと観察するkawaさんのやさしさに、ほっとします。春になったら飛んで出て行くんでしょうかね?

安頓 | URL | 2014-02-05(Wed)17:44 [編集]


安頓さんへ

うちは部屋の温度が低いですが、暖かいと冬眠からさめてしまうので、よくないみたいです。たべるもの(アブラムシ)もいないし。

kawa | URL | 2014-02-05(Wed)22:40 [編集]