関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

西武ライオンズ観戦

 伊原監督が成績不振を理由に6月4日に休養[6月27日辞任]しました。
(私は開幕当初から采配に疑問があり、4月下旬には「伊原辞めろ」と行っていました。遅すぎです。)
 20勝33敗(最下位)と成績不振が表向きの理由ですが、本当のところは、選手との溝の深さが原因といわれています。
開幕当初から、選手との間に距離感があり、監督に対してナインの心が完全に離反していました。
 ファンからみても、監督の采配が悪いし、敗因を他人事のように話し、選手のせいにするなど、監督として失格だと思っていました。これでは、チームの一体感はなくなりますね。おそらく、この監督の元では、「勝とう」という気持ちがわかなかったのだと思います。
 田辺監督代行になってからは、「結果の責任は、監督が持つから思い切っていけ。」と監督が選手を信頼する姿勢を見せたたこともあって、選手がノビノビとプレーするようになり、粘りも出てきて、面白いゲームをするようになってきました。 

 とういことで、応援に行く気も起きなかった我が家ですが、6月28日に、西武ドームにライオンズ対ホークスの観戦に行ってきました。
 ライオンズクラッシックと銘打っての3試合の2日目。ライオンズ黄金時代のブルー(ビジター用)のユニフォームを着用して試合に臨みます。
 試合前のセレモニー。ピッチャー東尾、キャッチャー田淵、バッター秋山と往年の名選手による始球式がありました。そして、選手全員とゲスト(写真は、左から、東尾、豊田、田淵)の記念撮影です。
マウスオンしてください。
<>

 前日の勝利の勢いをかって、今日も連勝と行きたいところでしたが、初回に野上が3点を取られ、その裏に2点を返したものの2回にも1点を取られ、早くも負けの予感。
 ところが、予想に反して、2回の裏にメヒアのホームランもあり、4点を返し6対4と逆転。
マウスオンしてください。

<>

 その後、両チーム2点づつ加点し、最終的に8対6で打ち勝ちました。往年の強いライオンズを見た感じがしました。久しぶりに、スッキリしました。
 マウスオンしてください。
メヒアのヒーローインタビューです。

<>

 まもなく前半戦が終わりますが、7月16終了時は5位ですが、3位の日ハムまで、もう少しです。最大15もあった借金が9に減り(7月は8勝5敗)、シーズン当初のあの弱さを返上しつつあり、サヨナラ勝ちも増え、粘りも出てきています。浅村が復帰すれば、一段の戦力向上が期待できます。クライマックスに出られるよう3位を目指してほしいです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コメントいれたのに、反映されてないなあ~

シネマ大好き娘 | URL | 2014-07-21(Mon)04:31 [編集]


シネマ大好き娘さんへ

この記事に関してですかー?
それとも、ほかの記事?

kawa | URL | 2014-07-22(Tue)08:30 [編集]