関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

妙高高原・苗名滝

221124
 苗名滝は15年くらい前の夏に来ていますが、そのときは、水害で遊歩道が通れず、滝まで行けませんでした。その後、砂防ダムが作られ、滝まで15分くらいで行くことが出来ます。
 砂防ダム付近の紅葉、関川の紅葉ともに、とても鮮やかです。滝を見る前に、紅葉を堪能しました。
 5枚のマウスオンアルバムです。(22年11月6日)


 吊り橋の先に苗名滝が見えてきました。揺れる吊り橋も、渡るのは慣れてきました。
 5枚目の写真は、揺れる吊り橋の中央付近から、撮影しました。5枚のマウスオンアルバムです。


 苗名滝
 妙高市にある滝で、関川上流に位置し、4連の滝が連なっている。日本の滝百選の一つ。轟音を響かせながら落ちる様が「地震=なゐ」のようであるとされ、口語体に転化して「ないの滝」が「なえな滝」となり、「苗名滝」と名付けられた。
 また、下流の高田平野の水田に水を供給する事から苗名となったともいわれている。

 滝の大きさ、水量、紅葉、予想していた以上に素晴らしい滝でした。マウスオンしてから、ワンクリックしてください。2枚のスライドショーです。

<>


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する