関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

駒ヶ根高原

 ロープウェーとバスを乗り継ぎ、菅の台バスセンターに戻りました。帰るには少し早いので、周辺をまわることにしました。(最終回です)

 こまくさ橋
駒ヶ根高原の太田切川にかかる吊橋で長さ146m、幅員2mの歩道橋。遠く南アルプスの眺めは最高。駒ヶ根ファームス(農産物直売所の観光施設)と対岸の巨石公園を結んでいます。
5枚のマウスオンアルバムです。 2枚目と4枚目の写真は、南アルプスの方向、5枚目は中央アルプスの方向です。


 駒ヶ池
 昭和30年代のはじめの造られた溜池で、池のほとりから中央アルプスの宝剣岳や千畳敷カールを眺めることが出来る。
2209駒ケ池
 宝剣岳を眺めることのできる有名な撮影スポットなのですが、この日は誰もいなくて、静かです。高原ということですが、標高(800mだそうです)が、あまり高くないので、暑いです。


 大沼湖ですが、これはどう見ても、池ですね(駒ヶ根高原で一番大きい)。すぐそばに、国民宿舎「すずらん荘」があります。ここも人がいなくて静かです。
 軽井沢、志賀、蓼科、清里、乗鞍などのイメージとはかなり違いました。

2208大沼湖
 帰り道の中央道、八ヶ岳PAのトイレ入口に、いくつかツバメの巣がありました。
 マウスオン。エサを待つヒナが身を乗り出しています。

<>

 450粁走行の日帰りドライブでしたが、道も空いていた上、9割方が高速道路だったので、運転は疲れませんでした。フィットの燃費は、L当り19.8kmで、かなりの省燃費です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する