関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

千畳敷カール(その1)

 標高約3,000mの岩肌の真下に広がる千畳敷カール、ロープウェイを降りると、目の前に千畳敷カールが広がっています。
 カール内の遊歩道は、周遊約40分ですが、ゆっくりと風景を眺め、高山植物を楽しみ、写真を撮りながら、1時間以上かけて歩きました。
 千畳敷駅近くから、カールに向かって左から右のほうに順に撮っています。「サギダルの頭方向」「宝剣岳方向」「八丁坂方向」「伊那前岳方向」「剣ヶ池方向」。
5枚のマウスオンアルバムです。


 遊歩道は、右回りで進みました。宝剣岳が徐々に近くなってきます。カールを3分の1くらい進んだところから、撮っています。(5枚のマウスオンアルバムです)

 雪渓と青空とカール。
 一箇所、遊歩道にも雪が残っているところがありました。(22年7月23日)

2208雪渓
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する