関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

千畳敷カールヘ

 7月20日に河口湖日帰りドライブに行ったその3日後、駒ヶ根高原の千畳敷カールに行きました。ここは、以前から行きたいと思っていた場所です。
 往復で450Kほどあるのですが、敢えて日帰りにしました。泊りで日にちが決まってしまうと、もし天候が悪いと変えることも出来ず、せっかく行っても、千畳敷カールが霧の中ということもあるからです。今回は、前日の夜の天気予報をみて、急遽行くことなりました。


 駒ヶ根高原・菅の台バスセンターの駐車場に車を置き、そこからバスに乗り換えて40分で、しらび平駅に到着。さらに、ロープウェーに乗り換え、7分30秒で標高差950mの千畳敷駅まで上がります。
 マウスオンしてから、ワンクリックしください。ロープウェーの写真は、アルプス中央観光のホームページのものです。

<>

駒ケ岳ロープウェー
 中央アルプス宝剣岳(標高2,931m)直下の通称「千畳敷カール」まで架けられた、わが国最初の山岳ロープウェイです。昭和42年完成、平成10年11月にリニューアルオープンしました。
 中央アルプスの主峰駒ヶ岳は標高2,956m、眺望絶佳、真夏の別天地、富士山をはじめ南アルプス連峰、御岳山、乗鞍岳、北アルプスを一望でき、また、高山植物の宝庫としても有名です。
 
ロープウェーの中からの撮影です。font>
2208千畳敷駅
 ロープウェー終点からの駒ヶ根方面の風景です。
 しらび平駅(起点)の標高は、1,661.5m。千畳敷駅(終点)の標高は、2,611.5m[日本最高]です。

2208千畳敷駅から
 千畳敷カール、写真で見たとおりの風景です(左側の高い山が
220808千畳敷カール
宝剣岳です)。この素晴らしい眺め、次回に、いろいろな角度から撮った「千畳敷カール」をお届けします。

(22年7月23日)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する