関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

黒川温泉と風の丘美術館

 知人のNさんが、熊本に里帰りした時の写真を掲載しています。(撮影日3月18日)

 黒川温泉 「山の宿・新明館」
 黒川温泉中心部にある黒川を代表する秘湯を守る会の宿。
 主人が手掘りで作った珍しい洞窟風呂や田舎の雰囲気漂う佇まいや露天風呂が魅力。 黒と、からし色を基調としたレトロな雰囲気で、ロビーには囲炉裏のある空間がある。(5枚目の写真は、ふじ屋旅館です)。
 3軒入浴出来る券を買って、湯めぐりをしたそうです。


「お宿・のし湯」川沿いの旅館ふじ屋の経営で、木々に囲まれた露天風呂や、お休み処がある。
 門に一歩足を踏み入れると昔にタイムスリップしたような感じを覚える。さりげなくをモットーにした宿です。部屋数も全部で10室とこじんまりしている。マウスオンしてください。

<>

「風の丘 阿蘇 大野勝彦美術館」
 阿蘇の山々を望む美術館。農作業中の事故で両手を失った大野勝彦さんが、義手で描く詩画を展示している。(館内は撮影禁止です)
 マウスオンすると、「幸せとは」の石碑です。ワンクリックで、丘からの眺めになります。

<>

 隣には、榎木孝明美術館があり、両氏は交流がある。九州芸術の杜内にある美術館で、画家としても活躍する俳優榎木孝明さんの水彩画が展示されている。世界各国を旅してスケッチした作品は、心なごむ風景や人物が中心。
 榎木孝明の作品は、私の地元埼玉の西武百貨店で展示、販売をしていました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する