関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

阿蘇大観峰と黒川温泉

文字色 知人のNさんが、熊本に里帰りした時の写真を掲載しています。(撮影日3月18日)
 
 通称『やまなみハイウェイ』と親しまれている「九州横断道路」は、熊本・一の宮から国道210号線の水分峠にいたるまでの全長約50kmの道路。 雄大な久住連山、飯田高原などの大草原が広がる道中はもちろん、ハイウェイ周辺には名湯・秘湯がたくさんあるので、快適なドライブが楽しめる。
 大観峰(だいかんぼう)は阿蘇外輪山の最高度地点にあり標高936m。阿蘇随一の眺めを誇る天然の展望台。大観峰からは阿蘇五岳や遠くは九重の山々、真下には田畑が広がる阿蘇谷などが箱庭のように望めることができる。(熊本出身の徳富蘇峰によって、大観峰と名づけられた。)
 とありますが、あいにくの曇り空で、絶景というわけにはいかなかったようです
。 マウスオンして、ワンクリックすると絶景が見られます。(お断り・3枚目の写真はネットからとっています。)

<>


 黒川温泉
 阿蘇山の北に位置し、南小国温泉郷の一つ。(09年版ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで、温泉地として、二つ星)硫黄泉。
 温泉街の比較的浅い(20メートルとも)地層から80度~98度の源泉が湧いている。 田の原川の渓谷の両側にこぢんまりとした和風旅館が建ち並ぶ。温泉街は川の流れに沿っていて、渓谷にある温泉地であることから収容人数は少ない。
 歓楽的要素や派手な看板を廃して統一的な町並みとしているため、落ち着いた雰囲気となっており、秘湯ブームにより、人気化した。。

 この佇まいを見ると、人気が出るのもわかるような気がします。5枚のマウスオンアルバムです。
 行ったことのある方は、ぜひ感想をお聞かせ下さい。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する