関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

こてさし語りの会公演

 6月20日(土)、21日(日)に、小手指語りの会自主公演、戦後70年記念公演・朗読劇「八月十五日の子どもたち」が上演(13時~15時)されました。
 原作「八月十五日の子どもたち」(晶文社刊)他、構成 寺島幹夫、演出 寺島康子、作曲 長谷川良雄(平和のうた)、音楽 鈴木春人、出演 こてさし語りの会(9人)
 終戦時に国民学校の生徒だった人々が、8月15日の様子を証言するというもの。

2706語りの会パンフレット
 47都道府県の人たちが、終戦当日を思い起こし、当時の様子を語ります。
2706公演

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

恒例ですね~

一度聞いてみたいです。

早く梅雨あけしてほしいですね~

シネマ大好き娘 | URL | 2015-07-06(Mon)00:29 [編集]


理解に苦しむ

 戦後70年で、いろいろと議論が交わされてますが、
国会での集団的自衛権に関する政府答弁を聴いていると
危険な匂いを感じますね。いくら日本が構考えて行動すると
といっても、諸外国は、そのとおりに理解するとは考えられません。
 歴代の法制局長や参考人の憲法学者でも、違憲だという
ものをこの時期に何故急いで成立させようとするのか理解に
苦しみます。アメリカとの関係だけでしょう。
大多数の国民は、納得してないでしょうね。
この時期に、タイムリーな催しですね。

西恋おじん | URL | 2015-07-06(Mon)15:11 [編集]


シネマ大好き娘さんへ

妻が入っているので、毎年聞きに行ってます。

こちらも雨、少ないと困りますが、多いのも、ね。

kawa | URL | 2015-07-06(Mon)15:36 [編集]


西恋おじんさんへ

安部政権の暴走、自分は正しく、相手は間違っている、聞く耳を持たないですね。これは独裁ですね。

思想的にそまっているサークルではありません。演出者の父親が新聞記者でフィリピンで戦死したそうで、どうしても戦争の悲惨さを伝えたかったそうです。

kawa | URL | 2015-07-06(Mon)15:43 [編集]


小手指かたりの会の自主公演を、私も聴きたいです。
ずうっと平和憲法に守られると信じていたのに、現政権で覆されそうですね。
とても悔しいです。
ゴリ押しして法案を通したら、大多数の国民が不幸になると思います。
今の流れが止まることが、起こるのを期待しています。

ringo | URL | 2015-07-06(Mon)21:30 [編集]


ringoさんへ

有識者ほど今の状況を危惧してますよね。でも、止められないもどかしさ。
政権の支持率が下がれば、昔は辞任でしたが、残念ながら選挙でも変わりそうにないですね。

kawa | URL | 2015-07-06(Mon)21:51 [編集]


こんばんは。

kawaさん
BSテレビを見ていたら、高村さんと元法制局長の坂田さんと宮家という人が討論していました。
最後に、宮家さんが「国民は覚悟するように」と言いました。
戦争を覚悟しろと言っていると思いました。
私は、戦争はしたくないのです。
高村さん、宮家さんは、他国に攻められると煽動しているようでした。

更新していますので、またコメント下さいね。

ringo | URL | 2015-07-10(Fri)23:09 [編集]


ringoさんへ

今回の法制、高村がすべておぜん立てしているんですよね。
一時、健康を損なったようですが、復活してしまいましたね。
困ったもんです。

kawa | URL | 2015-07-11(Sat)00:09 [編集]