関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

玉堂美術館前の大銀杏

 鬼怒川の旅は、このあと、川治~会津西街道~塩原の紅葉ドライブへと続きますが、またまたお休みします。

 話題は、一ヶ月前にさかのぼります。10日ほど前に旅行にいったばかりなのですが、妻が「母に紅葉を見せてあげたい」からということで、奥多摩湖に紅葉を見に出かけました。5時間ほどのミニドライブです。(21年11月10日)

 奥多摩湖の紅葉を見るのは2年ぶりです。鬼怒川の紅葉と比べると見劣りしますが、うちから1時間半足らずで来られるのが、魅力です。
 平日にも係わらず多くの自家用車や観光バスの観光客が大勢来ていました。

1912奥多摩紅葉
 数馬峡の橋からの紅葉風景です。
 最初の写真が上流、マウスオンすると白丸ダムがある下流の風景です。
ここは、はじめて立ち寄りましたが、なかなかいいところです。

<>


 この御岳渓谷・玉堂美術館前にある大銀杏は毎年見に来ていて、2回ほどブログにのせていますが、いつも来るのが11月下旬なので、散りかけています。
 今回のように、綺麗な黄葉を見たのは、初めてです。
 樹齢は数百年かと思ったのですが、調べたら70数年とのことでした。5枚のマウスオンアルバムです。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する