関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

礼文島・スコトン岬とスカイ岬

 午前中で利尻島観光を終え、船で礼文島に渡ります。香深港が近づいてきました。フェリーターミナルの後ろの高い建物が、この日に泊まる「ホテル礼文」です。そして正面の山には、「ようこそ礼文島」の看板がありました。
1910ようこそ礼文
 久種湖の向こうに、この島で一番高い山、礼文岳(490m)が見えます。
(観光バス車窓から)

1910久種湖
 スコトン(須古頓)岬
 今にも雨が降りだしそうな天気ですが、バスを降りて、礼文島の最北端の岬に向かいます。強風でカメラが動き、1枚目の写真がぶれています。海に浮かぶ島は、トド島です。
 マウスオンしてください。晴れていたら、どれくらい綺麗だったことか。
 そして、ワンクリック、これはパンフレットの写真です。
 この後、突然の雨、雷もなって、バスまで100mくらいしかないのに、ずぶ濡れになりました。

<>

 スカイ(澄海)岬
 雨がやんだばかりで、どんよりとした曇り空。青い海と空、そして岬の緑がとても美しい場所なのですが、それが見られないのは何とも残念で、撮影も気が乗りませんでした
 マウスオンしてください。パンフレットの写真です。こんなに綺麗です。
 ワンクリックで、3枚のスライドショーになります。

<>

 スコトン岬とスカイ岬の風景をとても楽しみにしていたのですが、この悪天候では、言葉になりません。スカイ岬の入江は海底を手ですくいとれるような透明度で、 その美しさは礼文の海の代表格ということなのですが・・・
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する