関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

栂池自然園の山野草

  栂池自然園に、いろいろな山野草がたくさん咲いていました。
 いつものことですが、名前を調べるのにとても時間がかかっています。名前を載せないとすごく楽なのですが。
 左から「カラマツソウ」「ミソガワソウ」「エゾシオガマ」「ミヤマキンポウゲ」「ヒオウギアヤマ」。
5枚のマウスオンアルバムです。

 右から「シラネニンジン」「イブキトラノオ」「キヌガサソウ」「ハクサンボウフウ」「ミヤマシシウド」「ハクサンフウロ」。(何枚か名前が違っているかもしれません。)6枚のマウスオンアルバムです。


アヤメに止まっている蝶をネットの図鑑で調べましたが、名前がわかりませんでした。シジミ系の蝶だと思うのですが、どうも「蛾」みたいです。蛾っかりです。「エダシャク」という蛾ですが、何と種類が100以上ありました。
1908エダシャク
 クルマユリがとても見頃です。マウスオンしてください。
<>

 湿原にある水草の名前を知りたくて、ビジターセンターの人に聞いてみたら、「ヨシ」ではないかといっていましたが、「ミヤマホタルイ」ではないかと思います。
1908ミヤマホタルイ13
 標高1870m、冷気が通り抜ける「風穴」がありました。
1908風穴
 ナナカマドです。ケーブルカーの降り口に紅葉の写真が貼ってありました。10月初旬には、ナナカマドの葉も実も真っ赤に紅葉します。
1908栂池紅葉
 HPから写真を拝借しました。秋の紅葉時期の自然園です。もう一度行っつてみたいです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する