関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

栂池自然園(ワタスゲ湿原)

 ワタスゲ湿原です。ワタスゲは少なくなっていて、ニッコウキスゲやヒオウギアヤメが咲いています。
 曇り空で景色は今ひとつですが、日が出ていないおかげで暑くなく、歩くのには最適でした。5枚のマウスオンアルバムです。(8月6日撮影)


 ワタスゲをアップで撮りました。マウスオンしてください。
<>

 木道のそばで見つけた山野草です。「イワイショウブ」「ミヤマアキノキリンソウ?」「オオバミゾホオズキ?」「クロマメノキ」「ヤマハハコ」です。
 花の名前を調べるのに時間がかかり、大変な思いをしています。名前を載せないと楽なのですが。(違っていた場合は、教えていただければ幸いです)


 ワタスゲ湿原を過ぎると木道が終わり、ここから次の浮島湿原まで、登り坂になります。
 途中の楠川。水がとても冷たくて気持ちよかったですが、冷たすぎて数秒しか手をつけていられませんでした。

1908楠川
 登り坂が続きます。かなり、登ってきました。途中、ワタスゲ湿原を一望できる場所で、一休みです。
 マウスオンしてください。

<>

 ワタスゲ湿原の途中にある「風穴」です。ここから冷風が吹き出ていて、空気がヒヤッとしています。このあたりはとても涼しかったです。(標高1870m)
1908風穴



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する