関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

今年もホタル撮影出来ず

1908ほたる
 31日~1日と「白馬・栂池自然園」と「白馬・五竜」に出かけるつもりでしたが、天気予報が「曇り、雨」ということだったので、5日ずらして、8月5日~6日に変更します(5日も雨予報なので、可能なら、6~7日に再度、日程変更するかもしれません)。

 ブログネタがなくなり、古い話題になってしまいました。
 少し前の話ですが、インターネットで検索したら、名栗湖下にある「さわらびの湯」のところの河原で、ホタル鑑賞の夕べをやっているという情報があったので、
7月の12日に見に行ってきました。
 ホタルを見る前に、名栗湖に行ってみたのですが、そこには、ネッシーならぬ「ナッシー」(私が名づけたので、ほんとの名前は不明です)が浮かんでいました。(三脚を使わなかったので、ブレブレの写真になってしまいました)

1908ネッシー
 さわらびの湯の隣にある駐車場に車を止め、下の河原に行くと、そこには大勢の人がいましたが、肝心のホタルの明りが見えません。15分ほど滞在しましたが、どうもホタルはあらわれなかったようです。いたのかどうかも不明です。
 
 そこで、いつもの西川木材店のところの河原に移動。それほどたくさんの数というわかにはいきませんが、河原にホタルが乱舞していました。
 今回も、残念ながら、ホタル撮影は失敗です。真っ暗で、何も写っていません。 
 上のほうに光って見えるのは、ホタルではなく、星です。星空モードで、60秒開放で撮影しましたが、このやり方では、ダメですね。コンデジで写す方法はないのでしょうか。

 ネットで調べたのですが、ISOを400にして、絞り優先で設定、シャッターを30秒開放で、撮ることが出来るかもしれません。ご意見をいただければありがたいです。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する