関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

琴ヶ浜

 5月の旅行記事再開です。
 琴ヶ浜海岸は、100メートル幅の白砂の浜が2キロにわたって続く美しい海岸です。
 海岸の砂の上を歩いたり、手で砂をこすってみると、心地よい感触とともに「キュッキュッ」と美しい音を奏でます。
 これが、いわゆる鳴き砂、歌い砂などと呼ばれるもので、日本中で鳴き砂は30ヶ所くらいしかありません。
 ここ琴ヶ浜はよく鳴る砂浜として知られています。鳴き砂は500万年もの長い年月を経てできたものといわれています。と、書かれています。
 見ての通り美しい海岸です。

1906琴が浜2
 歌が好きな私は、「鳴き砂」といえば、川中美幸の「女泣き砂日本海」が思い浮かびます。
 女ひとりの旅の朝、フラリ歩けば日本海
 砂が泣くことを知っていますか
 キュッキュッキュッキュッと泣くのです
 あなた恋しと呼ぶのです


 さっそく、摺り足をしてみましたが、歩き方がまずかったのか、鳴きませんでした。手で砂をこすってみればよかったのですが、そのことを知りませんでした。

1906琴が浜1
 海水浴場とのことですが、この白く荒い波を見ていると、海の中に入れるとは到底思えませんでした。
1906琴が浜3


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する