関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

桃源郷その2

 せっかく来た桃源郷、一箇所だけではもったいないということで、予め調べておいた塩山の桃源郷に向かいました。
 途中にあった「ハーブ庭園旅日記」に寄ってみました。園内は、チュリップが満開、そして、ハーブもたくさん栽培(約200種類)されていました。
 ここは入園無料、経費もかかるだろうにどうやって経営しているのかと心配になっていたのですが、その疑問が解けました。
 観光バスの団体客に係の人が付き添って、園内を親切に案内をしたあと、最後にみやげもの館に入ります。そこで、化粧水や化粧クリームを売るのですが、案内をして何となくスキンシップが出来ているので、バンバン売れるのです。うまいやり方だなと感心してしまいました。(行ったことのある方は、「そうそう」とうなずいているのではないでしょうか) 5枚のマウスオンアルバムです。


 「慈雲寺」を目指して行ったのですが、「カーナビ」のない悲しさ、近くまで来たのに場所がわかりませんでした。誰かに聞けばよかったのですが、目的は慈雲寺ではなかったので、桃畑のたくさんあるところで車をとめて景色を眺めました。 5枚のマウスオンアルバムです。

 ここのほうが、少しだけ標高が高いせいでしょうか、花がかなり残っていました。
 マウスオンすると2枚のスライドショーです。(4月15日撮影)
 綺麗な花をさかせたあとに、あんなにおいしい実をつける桃は、エライ。

<>

 2箇所で桃源郷を堪能したので、笛吹川フルーツ公園に行くのを止め、柳沢峠を越えて帰ることにしました。
 時間は1時間ちょっと余計にかかりますが、道は空いているし、新緑も楽しめるし、高速代もかからないので、一石三鳥です。
 一年半前に通った時は、見えなかった柳沢峠(標高1472m)からの「富士山」。今日は、こんなによく見えています。マウスオンして、ワンクリックしてください。

<>
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する