関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

桃源郷その1

 以前から、行こう行こうと思い、なかなか行けなかった「甲府桃源郷」に行ってきました。平日の昼間ということで、圏央道入間ICからではなく八王子ICから乗り、高速料金を節約です。
 「桃源郷」という特定された場所はないようで、甲府盆地の桃畑のどこを走ってもピンクの綺麗な花が見られるそうですが、漠然と走るのでは、スポットを見過ごしてしまうので、事前にネットで検索しました。
 勝沼ICから5分ほどのところにある釈迦堂遺跡博物館付近が、桃畑も多く甲府盆地や南アルプスなどの山が一望できるスポットということだったので、まずそこを訪ねました。
 前日の雨と風で、花はかなり散っていました。見頃は数日前だったようです。。(4月15日撮影)
5枚のマウスオンアルバムです。


 博物館から百メートルほど走ったところの山に桃畑がたくさんあり、眺めがとてもいいので、もう一度車を止め、桃畑をゆっくりと見て歩きました。
 一の宮の桃は、生産量が全国一というだけあって、一面の桃畑で、花は少し盛りをすぎていましたが、はじめて見る「桃源郷」に大満足でした。
5枚のマウスオンアルバムです。5枚目の写真、右のほうに見えるのが笛吹川フルーツ公園です。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する