関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

北海道の旅(美瑛・四季彩の丘)

 バスは層雲峡をあとに、旭山動物園に向かいました。旭山動物園には予定より早く到着できたため、見学時間は予定時間より20分多い1時間50分でした。話題のあざらし、ほっきょくぐま、ペンギン、オランウータン、チンパンジーなど見所が一杯ありました。全国から観光客が訪れるだけのことはある評判通りの動物園でした。
 写真はたくさん撮ったのですが、掲載は後日とします。


 これから「丘の町・美瑛」に向かいます。
 旭川から美瑛の間で車窓から見た「大雪山」です。マウスオンしてください。道路から旭川空港もよく見えました(写真を削除してしまいました)。
 北海道は、車窓からの眺めも楽しいです。その上、観光バスはアイポイントが高く、景色が見渡せるところが、いいですね。

<>


 美瑛は今回二度目になりますが、はじめて来た時は、丘ブームで、「パッチワークの路」「マイルドセブンの丘」「セブンスターの木」「ケンとメリーの木」を見て、そして「拓真館」に行き、このなだらかな美瑛の丘に感動したものでした。
 今回訪れるところは、最近人気の「四季彩の丘」です。彩り鮮やかな花畑と丘、遠くには十勝連峰をはじめとする大雪山系の山々が見え、展望が素晴らしいところです。
 四季彩の丘の花畑です。写真を撮るのに忙しく、あまり肉眼で風景を見ていないことが多いです。編集しながら写真を見て、「あー、こんな美しい景色だったんだ」と思うことがよくあります。(10月8日撮影)。
5枚のマウスオンアルバムです。


 四季彩の丘から見た美瑛の丘と遠くの大雪山系十勝岳連峰の山々です。ずーっと眺めていたい気分にさせてくれる北海道の大自然の風景です。5枚のマウスオンアルバムです。

 マウスオンしてください。 大雪山連峰の旭岳です。(地図で確かめ、十勝岳連峰の左側にあるので、「トムラウシ山」と書きましたが、訂正します)
<>


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する