関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

初秋の御岳渓谷

 9月に入ってからも、天気があまりよくありませんが、この日(9月9日)は、久しぶり青空が広がったので、御岳渓谷に出かけ、遊歩道を歩きました。
 秋の花や曼珠沙華を見たり、小鳥を観察したり、多摩川の渓流を眺めたりで、とても楽しいウォーキングです。
 スタート地点の楓橋からの眺めです。マウスオンすると、スライドショーになります

<>

 楓橋~鵜の瀬橋~御岳小橋間の風景を5枚のマウスオンアルバムにしました。5枚目の遊歩道の様子は、3枚のスライドショーになっています。(20年9月9日撮影)

 遊歩道の途中で、木の枝に止まって、ピーピーと鳴いている小鳥を見つけました。大きい鳥ですが、まだ、幼いように見えます。
 3mくらいの距離から、ズームを使って撮影しました。名前は、わかりません。
マウスオンしてから、ワンクリックしてください。 ガビチョウだそうです(TAKAさんに教えていただきました)。さっそく、ネットで調べてみました。間違いないですね。
<>

 「ガビチョウ」
 頭から、翼、尾を含めて全身が褐色。眼を囲みさらに後方に伸びる細長い白色の線があり、目立つ。頭から後頸にかけては、黒っぽい細い縦斑がある。囀りは大声で「ピーヨ、ピーヨ、キョコ、キョコ、キュ、キュ」などと続け、一見クロツグミに似るが、声はやや低め。
 人里近くの林、竹林などにすみ、日本では1980年代から野生化して、埼玉、東京、神奈川、山梨、福岡、大分などでの繁殖が報告されている。 (「鳥・630図鑑」鳥類保護連盟より)


 遊歩道のあちこちで、咲いている曼珠沙華やつぼみの曼珠沙華をみつけました。(自生ではないようです)
0809まんじゅしゃげ
 渓谷の遊歩道で、秋の花を見つけました。5枚のマウスオンアルバムです。
左から、「トケイソウ」」「シュウカイドウ」「ヤブラン」「ハナトラノオ」「ハゲイトウ」です。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する