関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

榛名沼の原湿原・ゆうすげの道

 榛名湖畔近くの沼の原湿原のゆうすげの道を散策しました。ふだんは、ここから、榛名山がよく見えるのですが、霧の中で何も見えません。
 でも、この霧で、いいこともありました。ゆうすげは、その名の通り、夕方でないと花が咲かないのですが、この霧のせいでしょうか、ゆうすげがたくさん咲いていました。榛名山と榛名湖は何回も見ているので、ゆうすげの花が開いているのを見られるほうがうれしかったです。
 白い霧の中の「ゆうすげ」が幻想的です。 マウスオンしてください。

<>
 今まで見てきた「ゆうすげ」は、これです。
0908夕すげ「1
 今日(20年8月22日撮影)見た「ゆうすげ」です。
0908夕すげ2
 山野草のマウスオンアルバム7枚です。
 左上から、「コオニユリ」「ツリガネニンジン」「コウリンカ」「ノウルシ(「タカトウダイ」かもしれません)」「オミナエシまたはコキンレイカ」」「マツムシソウ」「シラヤマギク」。花の名前がわからないものが数枚あり、調べるのに1時間ほどかかりました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する