関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

玉原から水上へ

 ラベンダーパークをあとにして、水上に向かいます。沼田まで戻らずに、途中から山を越えますが、道もよく、時間もそれほどかからず、高速道路も使わないのでお金もかかりません。オススメしたいドライブコースです。

 玉原ダム 
 水上町の藤原湖を下池とし、518m上の玉原に上池をつくり、夜間の余剰電力を利用して水を汲み上げ、昼間落水することにより発電する(純揚水式)目的を有する玉原湖は、堤体の高さ116mの「玉原ダム」として建設された人造湖です。
 マウスオンして、ワンクリックしてください。藤原湖側から見た導水管です。(3枚目の写真は、ホテル客室から撮影しています)

<>

 強清水の滝(こわしみずのたき)
 沼田市の最北部、鹿俣山(1636.7m)と尼ケ禿山(1466m)からわき出した清水の一部が、十個以上の小さな流れの滝をつくり、それがさらに下のほうでひとつに集まって発知川に流れ落ちる「潜流瀑」の形の代表的なもの。落差は約10メートル。
 石の間を縫うように幾筋もの流れが、末広がりに落ちていくようすは、水量が豊富で見ごたえ十分です。
 はじめて通ると見過ごしてしまいそうですが、道路沿いにあるので、ここは止まってみたい場所。ここはまるで天然のクーラーです。(20年8月1日撮影)  マウスオンしてください。

<>


 諏 訪 峡
 諏訪峡は、利根川上流の清冽な流れが造った渓谷で水上温泉を代表する景勝地の一つ。水紀行館のとなり諏訪峡への入り口の清流公園からの眺めです。  マウスオンしてください。
 特殊な素材でできた丈夫なゴムボートに8人程の人が乗り込み激流を下るスポーツ「ラフティング」が人気です。
<>

 出来たばかりの「足湯」、もちろん、入りましたよ。

0808諏訪峡2
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する