関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

ライオンズ4000勝

 今年はじめて、西武ドームに野球観戦に行ってきました。試合の内容がわかるような構成にしました。
 今年は、渡辺監督の選手起用やデーブ大久保コーチの打撃指導が功を奏し、打線が好調をキープ、現在、首位を走っています。 「涌井、G・G佐藤、中島」がオリンピックに行って不在ですが、層の厚いライオンズのスターティングメンバーは見劣りしません。


 試合は、2回裏、中村28号のツーランホームランなどで、3点を先制。
0808ホームラン
 ラッキーセブン7回の攻撃前、ライオンズへの熱いエールを込めた「ウイングバルーン」。
08087
 投げては、岸が、8回まで零封。クローザーのグラマンが9回をピシャリと押さえ、3対0で勝利しました。
 ユニホームは、復刻版、あの西鉄ライオンズのユニホームです。

0808岸
今日のヒーロー、中村と岸のお立ち台のショットです。
0808お立ち台
 1950年、西鉄クリッパーズ、翌年からラインズに、「神様、仏様、稲尾様」は有名、野球ファンで知らない人はいません。
 1979年に本拠地を所沢に移し、西武ライオンズに、そして今年から「埼玉西武ライオンズ」となり、球団創設以来の4000勝を8月11日に達成です。(20年8月11日)  マウスオンしてください。

<>


 一昨日、昨日と北京五輪・野球の応援に熱が入りました。初戦のキューバには惜しくも敗れましたが、台湾戦に勝ち、徐々に調子があがってくると思います。がんばれ「星野JAPAN」、目指せ「金メダル」。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する