関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

ハイジの丘

 この高台は「比良の丘」と呼ばれ、所沢市内で一番の景勝地です。ぶどう園がたくさんあるので、ブドウ峠とも呼ぶそうです。
 標高があって、木々が周りに無いので見晴らしがとても良い場所です。場所は早稲田大学のキャンパスの奥にあり、枝垂れ桜で(地元では)有名な「金仙寺」の近くです。
 名前も知らずにここを訪れた学生が、この地を「ハイジの丘」と名づけたとのこと。市民のほとんどは、この名前も場所も知りません。 5枚のマウスオンアルバムです。


 市の管理になっていますが、原っぱのほかには、まわりに葡萄園とお茶畑があるだけで、遊ぶものは何もありません。まわりの山の新緑が眩しく、とても、のどかで自然そのものです。家から車で15分ほどのところとは思えません。
0805ハイジ
二匹の蝶が仲良く飛び交っていましたが、(野菜の)大根の花に止まった一匹のクロアゲハ(訂正:ジャコウアゲハ)をズームで撮影。なかなか静止せず、捉えるのに数分かかりました。
0805アゲハ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する