関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

筑波へ

 同じマンションに住んでいて、実家のある「つくば市」に引っ越されたHさんからお招きを受け、19日の土曜日に、夫婦揃って筑波に行ってきました。
 同じ関東圏でありながら、茨城県には数回しか行ったことがなく、常磐道を自分の車で走るのは初めてでした。外環の三郷ジャンクションで事故渋滞にあいましたが、順調なら埼玉の所沢から1時間半ちょっとで行くことが出来ます。
 筑波研究学園都市は初めてなので、市内を案内してもらうことにしました。街をみて、日本の頭脳が集まっているところだなと感じました。
 写真は、つくばエクスプレスの「研究学園駅」(終点のひとつ手前の駅)です。駅前の通りから、筑波山がよく見えました。

0804つくば
 昼食は外食?。そうではありません。
 蕎麦好きが高じて自分で打つようになったご主人の「手打ち蕎麦」です。
 NHKの趣味悠々で覚えたそうで、こういうのを「好きこそものの上手なれ」というのでしょうか、本職はだしです。蕎麦はそば粉8、つなぎ2の二八蕎麦、細めの麺で、蕎麦つゆも自家製、鴨汁の鴨もつゆも自らの味付けです。
 麺はコシがあり、鴨肉も柔らかく、どちらのつゆも味がよく、とてもおいしかったです。二人前いただいてしまいました。これはもう、お蕎麦屋さんの「味」でした。それに、たらの芽の天ぷらも、おいしかったです。ほんとに、ご馳走様でした。

0804手打ちそば
0804カモ汁
 帰りに、祖母の方が作った「無農薬野菜」をたくさんいただきました。ありがとうございました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する